作業療法士の求人情報の探し方OTの求人情報の探し方のポイントとは?

みなさん、こんばんは。
崖っぷちの難聴のOT林です。

これから転職・就職活動をされる方は、どんな方法で作業療法士の求人情報を探しますか?決して難しいことではなく、きちんと探し出すと転職や求人の情報が出てきます。

管理人は転職支援サービス利用がメインでしたが、他に求人情報誌や折り込み求人、スカウトメールなども並行しながら転職活動をしました。
いずれも無料でしたから、幅広い求人情報を誰よりも早くゲットしたかったのです。

ここでは、作業療法士の求人情報の探し方のポイントについて話しています。

 

作業療法士の求人情報を得る方法

求人情報にはさまざまな種類がありますが、よく利用される媒体は次の通りです。

  • 転職支援サービス
  • 求人サイト
  • 求人情報誌
  • ハローワーク
  • 折り込み求人
  • 新聞
  • 口コミ・コネ(友人や知人、第三者の仲介)

 
このように求人情報を得るには、さまざまな媒体があります。管理人は、転職エージェントに登録をして求人情報を紹介してもらうだけでなく、求人サイトや求人情報誌にも利用させていただきました。転職活動中であることを友人や知人たちにも伝えて紹介を受けることもありました。
※家族や同僚に「俺、転職するやで!」と公言することは、後に引けず最後までやり遂げるのに効果的ですよ。ダラダラしがちな人はぜひ公言を!

転職の成功へと導くためには、情報媒体1つにではなく複数の媒体を積極的に活用し少しでも多くのチャンスを手に入れることです。情報収集力の多さが明暗を分けるといってもいいほど重要なのです!
情報量が多いほうが自分の希望条件にマッチした求人が見つかる可能性が高まるし、チャンスも呼び込みやすいからです。

 

求人案件の情報が豊富なのは?

パソコンで求人情報を探す求人案件が圧倒的に多い媒体は、インターネットによる利用です。
なかでもインターネット利用による転職エージェントと求人サイトの利用が管理人も一番オススメしている方法です。スマホでも手軽に検索できるので、仕事帰りや空き時間などにちょっとした転職活動ができ非常に便利です。
今となっては当たり前になってきていますが、サイト上で絞り込み検索の機能を活用すれば、希望条件に合う求人がマッチする可能性が高まります。

マッチした求人があれば即応募するのもアリですし、非公開求人を扱っているのであればどんどん紹介してもらいましょう。転職成功のカギはインターネットの上手な使い方にかかっていると言っても過言ではありません。

もう一つは、フリーペーパーである求人情報誌
これも情報量が豊富で、しかも毎回更新を行なっている模様ですので新鮮な求人を確認できます。1冊すべてが求人広告ですが、職種別や地域別に分類されていて探しやすいです。
特に地元に密着した求人が多く掲載されているので、地元で働きたい人にとっては重要な情報源となります。
ただ文字が小さくて老眼気味の人は辛いかもしれませんが…。

したがって、活用していただきたい情報媒体が、次の3点となります。

  • 転職支援サービス
  • 求人サイト
  • 求人情報誌

 

これらの3つに絞って求人を探すとスムーズな転職活動ができるかと思います。一つの方法に固執するよりも、情報媒体の特徴を理解した上で幅広く確認してください。
転職エージェントに登録して求人情報を紹介してもらうまで待っている求職者、また求人サイトからの求人情報を記載したメールを眺めている求職者がいますが、そうではなくて自ら求人を探し応募する積極性が大切かなと思います。

こんな求職者がいると、好条件の求人が見逃してしまったり専任コンサルタントからの手厚いサポートが受けられなくなるので注意してください。

 

本腰を入れて転職活動する作業療法士へ

履歴書を書く人さあ、夏ボーナスを手に入れたし、そろそろ転職活動しようか!」と重い腰を上げて本格的に転職活動を始めるセラピストが多いと思います。来年の春に向け、まず転職情報の収集から始めているのではないでしょうか?

今年が終わるまであと数ヶ月ですが、以前、お世話になった専任の転職コンサルタント(転職エージェントのプロ)の話によると…、
「12月~翌年の1月の間は求人情報が多いだけでなく、条件の良い案件も多いんですよ。」とアドバイスを頂きました。

専任の転職コンサルタントの助けもあって、前職よりも給与が7,8万円UP(年収100万円以上UP)して満足できる転職となりました。求人情報の提供やエントリー面接日時の調整、採用担当側との交渉など、全部転職コンサルタントが転職活動の一連を無料でサポートしてくれるので、ホンマに楽チンでした。管理人は難聴で電話が苦手なので、私の代わりに電話してくれたこともありました。(Mさん、あの時はお世話になりました!)

面接場面って、採用可否に影響することが大きいですよね?採用側の都合にもよるけど、専任のコンサルタントの人も一緒に同席してくれるので、エージェントが自分の良いところを面接担当者に伝えてくれました。それに心強いサポーターが近くにいてくれたので、気持ち的に安心できました。

仕事が多忙でなかなか転職活動ができない人は転職エージェント(人材紹介会社)に登録することをオススメします。

ホント、自分で探すより効率的ですから。自分の希望する年収があるかどうか、エージェント側が大量の求人案件の中から、くまなく探してくれます。もし登録するのであれば、可能な限り複数の転職エージェントに登録したほうがいいでしょう。並べて比較することで、転職エージェントの強みが見えてきます。

現時点で転職するかどうか迷っている方は、まずは履歴書を書く練習から始めるのもいいですね。書く練習を繰り返していくと、転職したくなるかも?

後日、転職エージェントの探し方や転職の体験談、成功の秘訣などOT転職に関する情報を発信する予定ですので、これから転職活動を考えている作業療法士がいましたら、ぜひ参考になれば幸いです!

最後までお読み下さりありがとうございました。
★応援1クリックをお願いします。

人気ブログランキング
★もう1つ”ポチッ”とお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村