みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。

よく女の子のほうが男の子よりも身体が強いと聞きませんか?言葉も女の子のほうが覚えるのが早いそうです。
男の子は動物の鳴き声に敏感なんだとか…。

シャキ!

ここでは、なぜ女の子は言葉の覚えが早いのか?をお伝えします。

スポンサーリンク

 

男女の脳機能に性差が?


男と女の脳の言語中枢に性差があるようです。解剖学で学んだけど、運動性言語野と感覚性言語野についてちょい確認してみました。

運動性言語野顔面部の運動中枢に隣接。
運動性言語野で決められた言葉が運動前野でプログラムされ、運動野を経て、口・舌・喉などの筋を動かして言葉を話す。
感覚性言語野聴覚野の隣りにある。
聴覚野で音の特徴が抽出されて音として聴こえ、感覚性言語野に送られて言葉が認識される。


脳のどの部位がやられると、どんな障害が起きるのか?↓

W)riteが損傷→考えを書いての表現が困難。
S)peakが損傷→口頭による表現が困難。
H)earが損傷→話された言葉への理解が困難(言語障害)。
V)iewが損傷→書かれた言葉への理解が困難(書字・読字障害)。

左右の大脳半球にそれぞれ言語野があるのですが、どちらかというと左脳のほうが優位ですよね?だから左脳が損傷すると失語症になるわけです。

左脳はコミュニケーションに関する動作や言葉に優位性を示すのですが、例えば話に交じる身振りは手が身体や物に触れず空間を自由に動く限り、右手でなされるのが普通だそうです。

歌とか咳、笑い声や叫び声は右脳で聴きます。
そういえば、言葉は不自由だけど、歌は上手に歌える片麻痺の方がいますよね?歌は右脳で処理するから歌えるということでしょうか?

性差ですが、女の子は言語機能についての左脳優位が早く完成します。だから女性はおしゃべりが好きなんだね笑

男の子は動物の鳴き声や機械音に対する右脳優位となります。

家族とのコミュニケーションを大切にする女性
外敵から守るためと狩りのために環境音の弁別に耳を傾ける男性

原始時代から男女の違いがあったかもしれませんね。

さいごに 言葉の発達を!


管理人が幼い頃、先天性難聴の影響で言葉の発達が周りの子に比べ遅れてました。言語療法を受けたおかげで、なんとか上手に話せるようになりましたが、今でも「サ行」と「タ行」の濁音をハッキリと言えません…。特に「銀座(ギンザ)」が難しい!初対面の人に「言葉が訛ってるね。出身はどちら?」とよく聞かれます。(出身は東京ですけどね~)

小中学の時、補聴器や言葉のことで友達にからかわれたことがありましたが、両親や親友の応援もあって楽しい学校生活を送れました。

家族や学校の先生に「学習障害があるのでは?」と思われていた子供が、実は、軽度の難聴のせいだったとよく聞きます。ちゃんと聞こえているのか?言葉がおかしくないのか?と疑問に思ったら、まずは病院で聴力検査を受けたほうがいいかなと思います。

もし難聴と診断とされたら、早期療育という点で補聴器を早めに試聴・装用されることをオススメします。早期段階から補聴器装用にて言語・聴覚の能力のアップにつながりますから。

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ