老人とスタッフの接する時のイメージ
職員の対応は親切?入居者の表情はどう?

玄関で出迎えてくれた職員は元気で明るく挨拶してくれましたか?出迎えてくれた職員が見学者対応の人であれば、当施設内の案内人と思ってもいいでしょう。
案内人もそうですが、むしろ施設内にいる職員の様子をしっかり観察することが大切。職員の対応や接し方が施設での快適性を左右する大きなポイントとなりますから。

ここでは、体験見学する時の職員の対応と入居者の表情のチェックについてお伝えします。

 

スポンサーリンク

職員はどんな感じ?

職員はどんな感じ?
職員の一人ひとりを観察するのは大変ですが、職員同士や職員と入居者のコミュニケーションが良さそうか見極めることが大切です。

下記のチェックポイントは職員の心と連動しています。人の心は表情や話し方、姿勢や態度に必ず表れるので、職員の心のあり方に観察してみてください。
職員がにこやかな表情で元気よく挨拶してくれたら嬉しいですよね?笑顔のない挨拶をされても、あまり気分が良いものではありません。施設内ですれ違う職員は敢えて歩みを止めて挨拶してくれたら完璧ですね!

  • 挨拶ができている?
  • 表情はどう?
  • 話し方や聞き方はどう?
  • 姿勢や態度はどう?

 

職員同士がギスギスした雰囲気で連携が取れていないフロアーでは、何かと事故やトラブルが多いので注意が必要です。
職員と入居者のコミュニケーションで、威圧的に振る舞っていないか?名前を「~ちゃん」付けで呼んだりタメ口を聞いていないか?などの話し方や聞き方はどうなのかを観察してみてください。

どことなくイヤイヤ働いている職員の気持ちに余裕がなく、プロとしての自覚が欠如しているような職員のいる施設には、職員教育が徹底しているとは言い難いです。逆に、職員が活気よく働いて元気よく挨拶をし、入居者の立場を第一に考えている施設であれば安心できるでしょう。

もちろん介護技術など質の高いサービスを提供できることも大事なのですが、入居者にどれだけ人として認められるかが大事だったりします。そして、そんな感じのよい職員が多い施設には、施設全体を良くしようと考えている施設長の存在が大きいと思います。施設長の信念が職員を育てるのでチームワークが成り立ち、それがサービスの良い施設につながります。

 

入居者の表情は?

入居者の表情
職員の対応時のチェックポイントを紹介しましたが、たとえサービスの良い施設であっても、入居している人の表情が暗かったり、呆然と過ごしていたら、この施設はどこかに問題があると疑った方がいいかもしれません。
ですから、職員を観る時と同様、入居者の顔も観てください。

もし見学者や面会者に対して良い顔をしていても、入居者に対して威圧的に振る舞い、果ては虐待しているかもしれない疑いがチラリでもうかがえたならば、その施設は避けたほうが無難です。

最近、介護施設における虐待事件が問題となっているので、この点は十分に見極めなければなりません。

初めて老人ホームを選ぶなら、まずは無料でプロの人に相談を↓
>>シニアのあんしん相談室 老人ホーム案内
>>老人ホーム・介護施設の検索なら【LIFULL介護】

 
最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!

人気ブログランキング
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

スポンサーリンク