教えて!自分に合った有料老人ホームを探すには?

親の介護が必要になったので、介護施設に入所させたい…。

けど、老人ホームの費用がどれくらい掛かるのか、全く分からない人が多いでしょう。有料老人ホームを例にすると、入居費用が100万から1,000万円を超えることもあります。現在では入居一時金が安くなってきていますが、それでも費用がかかります。

介護施設には様々な種類があり、介護保険の仕組み、費用や予算、入居条件など知識が全くなく、何から始めたらいいのか分からないと思います。そのため、老人ホームを探すのが難しく感じ、面倒でもあるのです。

無知のまま、ケアマネや相談員の強い勧めに入居すると、想像以上に費用負担がかかる可能性があるかもしれません。
あまたある介護施設からベストな選択をするにはどうすればいいのか?

ハヤシ喜ぶ

ここでは、老人ホームを選ぶ際に意識したいポイントについてお伝えします。

スポンサーリンク

 

家族仲良く、老人ホームを選ぼう!


将来、介護が必要になった親をどうしますか?夫婦で共働き、小さな子どもがいるので、親の面倒を見れない家族がいると思います。

・最近、うちの親が入院した。退院後の生活が不安。
・在宅での介護がキツくて限界を感じている。
・遠方で一人で暮らす親がとても心配。

介護する家族の仕事や家庭の事情で自宅での親の介護が困難になった時、今後の生活を考えると老人ホームに入居させたいと思うのが本音でしょう。老人ホーム探しを通して、今一度、親子間の心の距離を縮めるのにいい機会になるかもしれません。けど施設の選び方にいかんによっては、最後の親孝行にも親不孝にもなるかもしれないので、慎重に選びたいところです。
 

子供に頼らず親である自分で探す場合


将来、もし介護が必要になった時のことを考えて子供たちに迷惑を与えたくないと、自分自身で老人ホームを探したいと思う方もいることでしょう。

でも、次のような疑問が浮かんできませんか?

・何を基準に介護施設を選べばいい?
・介護施設の種類が多く、それぞれの違いは何?
・介護施設に入居するのに必要な費用はどれくらい?
・年金の範囲内で入居できるの?

自分らしい人生の充実したファイナルステージを迎えられるためにも、最高の生活場所を見つけて欲しいと思います。
自分一人で探すのもいいのですが、「終のすみか」について親子間で話し合う機会を設けるといいでしょう。あれだけ注意喚起しているのに、いまだに解決されていない「振り込め詐欺」があるように、老人ホームの契約手続きを自分一人で行うのは危険ですからね。

ですから、入居前にまずは親子で会話する機会を設けてください。親子でコミュニケーションを積み重ねることで、きっと今まで以上に良好な関係を築けられるはずですから。

 

まずは専門の人に相談しよう!

シニアライフを満喫するはずが、思わぬ多額の介護費用がかかってしまった!なんてことはあってはなりません。ですから、老人ホームの探しは自分で調べるよりも、まずは介護分野の最新情報を熟知した専門相談員に尋ねてみた方が失敗せずに済みます。

自身のライフスタイルや経済力を考慮しつつ、自分の希望条件に合った介護施設が見つかるまで何度も提案してくれます。もちろん費用は一切かからないので安心です。

特定の老人ホームだけを無理に勧めたり、費用があまりにも安かったり、入居を急かすような相談員がいたら、「何か事情があるかも?」と鵜呑みにしない姿勢を持ってくださいね。後になって後悔することがないように注意して、自分に合った老人ホームが見つかるといいですね。

シャキ!

無料で相談したいのならシニアのあんしん相談室 老人ホーム案内がオススメ!

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ