OTPT国家試験のイメージみなさん、こんばんは。
崖っぷちの難聴のOT林です。

さて、今日は筋に関する国試にチャレンジしてみました。

問題1:筋の反作用(リバースアクション)で誤っているのはどれか?
1.上腕二頭筋による鉄棒の懸垂
2.腸腰筋による骨盤前傾
3.中殿筋による遊脚側下肢の外転
4.大腿四頭筋による椅子からの立ち上がり
5.下腿三頭筋によるつま先立ち

 
問題2:坐骨結節に付着する筋は?2つ選べ。
1.薄筋
2.長内転筋
3.大殿筋
4.大腿二頭筋長頭
5.半腱様筋

 

正解は↓のほうへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題1の正解:
2~多関節筋は遠位関節の主動筋になることが多く、筋短縮によって関節を中心として軽い側(主に遠位)に運動が起こる。

筋の反作用とは、遠位側が固定された時に重い側(主に近位)に運動が起こることをいう。遊脚下肢の外転は中殿筋の遠位側が近位側に近づく運動であり、筋の反作用ではない。

問題2の正解:4と5
薄筋と長内転筋恥骨結節
大殿筋腸骨翼の外面、仙骨と尾骨の外側縁に付着。
坐骨結節に付着する筋はほかに大内転筋、半膜様筋がある。

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ