OTPT国家試験のイメージ

みなさん、こんばんは。崖っぷちの難聴のOT林です。

さて、今日は脳卒中に関する国試にチャレンジしてみました。

問題1:脳血栓に比べ脳出血に特徴的なのはどれか?2つ選べ。
1.症状の進行は緩徐である。
2.高血圧がある。
3.活動時の発症が多い。
4.高齢者に多い。
5.心疾患を多く合併する。

正解は↓のほうへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題1の正解:2と3
脳血栓の特徴は、脳出血と比較して、安静時の発症が多く、症状の進行は段階的かつ緩徐であり、比較的高齢者に多い。また一過性脳虚血発作が見られることがある。

脳出血は脳血栓よりも高血圧との関連が強く、活動時の発症が多い。
心疾患では、脳血栓は合併している場合があるが、脳出血は関連性が薄いとされる。

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ