OTPT国家試験のイメージみなさん、こんばんは。
崖っぷちの難聴のOT林です。

さて、今日は脊髄損傷に関する国試にチャレンジしてみました。

問題1:中心性頸髄損傷で正しいのはどれか?
1.上肢より下肢の障害が強い。
2.椎骨の損傷を合併する。
3.高齢者に発症する。
4.頸部過屈曲によって生じる。
5.運動より感覚障害が強い。
 
問題2:脊髄損傷(第7頸髄節まで機能残存)患者の寝返りで適切でないのはどれか?

1.大胸筋
2.広背筋
3.上腕三頭筋
4.円回内筋
5.腹斜筋

正解は↓のほうへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題1の正解:
中心性頸髄損傷では脊髄神経の上肢支配神経が下肢支配神経より内側に位置するために下肢より上肢の障害が強い。
椎骨損傷を合併することは少ない。頚部過伸展により生じる事が多く、運動麻痺が強く高齢者に発症する。

問題2の正解:
腹斜筋や腹直筋などの体幹筋が機能しないため、両上肢の反動を利用して寝返りを行う。

 
最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ