グリーンスムージーの正しい飲み方と注意点は?

グリーンスムージーの正しい飲み方と注意点は?

みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です(@tyahan56)

ヘルシーで美容にもいいとグリーンスムージー。
栄養たっぷりのグリーンスムージーは、いつ飲むと一番効果が得られるのでしょうか?

その飲み方で気をつけたいのは、以下の3点です。

・飲むタイミング
・材料
・飲む量

これらの3点を特に気をつけておいたほうがいいですね。

シャキ!

ここでは、グリーンスムージーの正しい飲み方と注意点について説明しています。

スポンサーリンク

 

グリーンスムージーを飲むタイミングは?


毎日続けるのであれば、朝に飲むのがオススメです!

グリーンスムージーの飲み方には、いくつか注意点があります。
その一つはお腹が空っぽの時に飲み、飲んだ後40分~1時間は食事をしないというもの。

この条件をクリアしやすいのは、なんと言っても朝なのです!

なぜ朝にグリーンスムージーを飲むといいのでしょうか?
それはきちんとした理由があるのです。

朝飲むと代謝がアップ!?

睡眠中は食事をしませんし、朝食後、家事をしたり通勤したりしていれば、あっという間に1時間なんて過ぎてしまいますよね?

そういう忙しい時間にグリーンスムージーを飲めば、自然とこの条件をクリアできるでしょう。

それに朝にグリーンスムージーを飲むとダイエットにも効果的なんです。

生の野菜やフルーツには代謝を上げる働きがある酵素が多く含まれているため、朝、グリーンスムージーを飲めば午前中から代謝が上がり、1日の消費カロリーがUPしてくれるのです。

その結果、だんだん太りにくい体になっていくというわけですね!

グリーンスムージーで使う葉野菜は、パンやお米に比べて消化がスムーズで寝起きの体にも負担が少なく、栄養補給してくれるのでパワーチャージもできます。

特に食欲の減る暑い季節は朝食抜きという方も増えますが、ひんやり美味しいグリーンスムージーなら、毎朝飲めると思います。

さらに野菜やフルーツには食物繊維が含まれているので、飲み続けることで腸内環境を整え、便秘の改善に役立つはずです。

ぜひ効果を実感しやすい朝から挑戦してみてください!

まとめると、飲むタイミングでベストなのは胃に何も入っていない朝です。
ミキサーで材料をしっかりと刻むことで、消化や体への吸収もしやすくなるので、時間をかけてMIXしましょうね。

材料は?


次に気をつけたいのは材料
グリーンスムージーは、野菜+フルーツ+水で作ると1番効率的に効果を得られます。

味を整えるために水の代わりに牛乳やヨーグルトを加えるという飲み方があるのですが、乳製品は野菜やフルーツに比べて消化に時間がかかるため、グリーンスムージーにはあまり向いていないのです。

したがって効率的に栄養分を摂取したい方は、ぜひ水で作る飲み方がオススメです。

グリーンスムージーを作る際の野菜とフルーツの理想的な割合は、次の通りです。

野菜6:フルーツ4

もし野菜の味が濃くて飲みにくい場合、フルーツ多めのフルーツ6:野菜4くらいから初めてみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

グリーンスムージーは1日に飲む量は?

野菜やフルーツの摂取量を考えると、1日1リットルが理想的のようです。

ちょっと多い気がしますが、1日に必要な栄養分を考えると、このくらいの量が理想的と言われています。

量よりも長く続けることが何よりも大事なので、毎朝、グリーンスムージーをコップ1杯飲むことから始めてみましょう。

飲み初めほど、意識的にたくさん飲むとより効果が得られます。
それは酸化した体がアルカリ性になっていくからです。

グリーンスムージーを摂れば脂肪と糖分が減る?

自分の食生活を振り返ってみて、「お肉が大好き」「甘いものには目がない」「お酒をほぼ毎日飲んでいる」というような方は、体が酸化していることが多いので注意が必要です。

お肉や砂糖、アルコール類の多い食生活を続けていると、血液がドロドロになり、細胞が酸化、徐々に体が酸性体質になってしまいます。

グリーンスムージーを飲むことで、徐々に体がアルカリ性に戻っていくわけです。
栄養の吸収率が上がることで、体が中和されていくと自然に飲む量も減っていくわけですね。

それに満腹感が得られると自然に間食が減り、油分や糖分、塩分の量も減らすことができます。

必要な栄養をたっぷり摂り、不必要なものを減らしていく…。その結果、どんどん健康で美しい体になっていくのです。

まとめ グリーンスムージーを飲む時の注意点は?


グリーンスムージーから最大限の栄養を摂取するために、飲み方にも気をつけるべきポイントが2点あります。

以下の2つのポイントをきちんと押さえておけば、グリーンスムージーの効果を無駄なく実感できることでしょう。

・お腹が空っぽの朝、単体で飲むこと!
グリーンスムージーに含まれている栄養分を一番吸収しやすいのは朝です。
夕食から何も食べていない、胃の中が空っぽの状態でグリーンスムージーを飲むと、消化がよく体への吸収力が高まるので朝食に飲むのがベストなんです。

パンや卵料理などの他の食物と一緒に飲むのはNG!
胃に余計なものを入れず、単体で飲んだほうがグリーンスムージーの栄養素が何にも邪魔されることなく、体に行き渡るというわけです。

・飲んだあと40分~1時間食事をしない!
これは消化にかかる時間が、食べ物によって違うためです。

野菜やフルーツは40分~1時間で消化されますが、米・パン・パスタなどの炭水化物は消化するのに8時間~12時間かかります。

さらに時間がかかるのが、肉、魚、卵、乳製品などのたんぱく質で、なんと10~20時間もかかると言われているんです!

普段、消化にかかる時間なんて気にしていないので、この時間の差には驚きますよね。

これほど差があるため、グリーンスムージーを飲んだ後、消化にかかる40分~1時間は他の食物を体に入れないほうが、栄養素が体に吸収されやすくなるということですね。

消化のよいものから順番に食べる(フルーツ→野菜→炭水化物→たんぱく質)という考えはダイエットにも応用できるので、普段の食生活でも気をつけてみてはいかがでしょうか?



最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ