かかとにひび割れが!応急処置は?クリームを選ぶなら?

スキンケアやボディケアは女性の身だしなみとしても重要で、美しさを求める上で欠かせないものですが、意外に見落とされがちなのが、かかとのひび割れ

かかとにひび割れがあるのを気付いたけど、そのまま放置すると余計に角質が固くなってきます。かかとは本来、皮脂の量が少なく乾燥しやすい部位です。顔の肌と同じように、かかとにもたっぷりの保湿を与えることが重要です。

鏡餅だって乾燥してひび割れしますよね?だから保湿が大切です。たっぷりの保湿を与えないと、あのピリッ!とした痛みがやってきます。そうならないためには、発見したらすぐに応急処置を行うことですね。

シャキ!

ここでは、かかとのひび割れへの応急処置についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

かかとのひび割れへの応急処置

かかとひび割れに有効なアイテムといえば、スキンケアクリームでしょう。特に尿素配合や尿素○%配合などの表示があるものは活用して欲しいアイテムです。

それほど高くない価格なので1本は常備しておくと安心です。発見したら、いますぐにケアできますからね。また応急処置として、足へのケアとなるフットパックや靴下などを活用したいものです。フットパックなどは美容成分がたっぷり配合されているものが多いですよ。

かかとケアのクリームを選ぶなら?


かかとがガサガサになってしまってから気が付いて、慌てて保湿クリームを塗ってケアしてる方は意外と多いのではないでしょうか?

でも、少し待ってください。
かかとをツルツルにするためのクリームが症状によっては合わないことも考えられます。

だから間違ったものを塗布し続けていても、かかとのガサガサは一向に改善できません。きちんと症状に合ったクリームでケアし、いつまでもキレイなかかとをキープしたいものですよね。

症状別にあったクリームを!

水虫が原因でひび割れるようならば、皮膚科で処方してくれる抗真菌薬クリームを塗布することで短期間で改善されます。管理人は恥ずかしながら、水虫だとは知らずに、普通のクリームを塗布してしまいました。一向に改善される気配もなく、皮膚科でもらった塗布薬を使ったら短期間で良くなってきました。

単なる乾燥によるかかとであれば、メディアでも取り上げられている尿素配合が一番効くのでは?と漠然に思っている人が多いと思います。すでに尿素配合クリームを使って塗り始めているかもしれません。

この尿素はもともと角質を溶かす力を持っています。つまり皮膚を柔らかくする作用があるのです。ただ角質化が進んでいない皮膚に誤って塗布すると、皮膚を溶かすことにもなりかねません。ということは、ひび割れのある部分に塗布すると肌にダメージを与え逆効果になってしまうこともあるわけです。

角質化しひび割れた皮膚に塗布するのであれば、セラミド配合クリームでかかとを保湿することをオススメします。

ひび割れがなく角質化しただけの程度であるならば、尿素配合クリームでOKです。

このように症状別に応じたクリームを正しく行うことが大切なわけです。クリーム使用の前に今一度、ご確認してくださいね。

スポンサーリンク

白色ワセリンでかかとの手入れを


かかとが硬くガサガサになったり、ひび割れたりした時にワセリンを使用する方も多いのではないでしょうか?
ワセリンは皮膚科で処方される様々な軟膏のベースとして用いられることが多いのですが、肝心の保湿成分は含まれていません。

では、なぜワセリンがかかとのひび割れに有効なのでしょうか?

なぜ白色ワセリンが有効か?

ワセリンは水分の喪失を防ぎ外部刺激からの皮膚保護の役割も持つので、ひび割れてしまったかかとに塗布することで、乾燥防止や新たなトラブルとなる雑菌などが侵入しないように守ってくれます。

ただワセリンには保湿成分がないので、セラミド成分配合のローションやクリームを塗布した後にワセリンを塗布して二重バリアにすることで潤いを失いにくい状態ができます。さらに、かかとにラップを貼り付け、絹や綿製の靴下を着用すると、より保温効果が期待できます。

白色ワセリンはドラックストアーやスーパーなどで比較的安価で購入できるので、この機会にかかとのガサガサやひび割れのお手入れをしてみては?

※荒れた唇にもワセリンを塗るといいですよ↓

ラップでのかかとひび割れケア

ラップは密封性が高く保湿や保温に最適なアイテムで、最近ではエステでもラップによるケアを提供していることが増えてきます。

方法は至ってシンプルです。ひび割れ部分にワセリンや尿素配合クリームを塗り込み、あとはラップでかかとをくるむようにするだけ!

ハンドクリームでもいいのですが、尿素配合クリームは保湿力抜群でオススメです。尿素配合の物は多少高価ではありますが、ガチガチで硬くなった角質を柔らかくする作用があり角質を無理なく剥がれやすくなりますから。

5~10分間放置しておくだけでスキンケアの浸透力がグッとあがり、成分や効果を逃すことなくかかとに浸透させることができます。もしラップがずれるようであれば、靴下を履くといいでしょう。週に3,4回行えば、かかとのひび割れ改善にかなり高い効果を発揮できるかと思います。

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ