★応援ポチをお願いします
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ  

バレエでふくらはぎが細くなれるか?

最近、バレエに励む女性が増えてきたような気がします。目的は健康のためと謳う人がいると思いますが、しなやかな足腰を鍛えると同時にふくらはぎを細くするために始めた人が大半でしょう。

優雅な動きで観客を魅了するバレエですが、ダンサーの中にもふくらはぎがもっこり目立ってしまっている人とスラっと伸びたタイプの人がいます。

シャキ!

ここでは、バレエでふくらはぎを細くできるのか?についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

バレエでふくらはぎを細くできるか?


日本人のダンサーを見ると分かるのですが、スタイルが素晴らしいですよね。西洋人に比べても引けを取らないほどです。民族的な体型の問題があるでしょうけど、大人のバレエも人気が定着してきた今、逆に、バレエでふくらはぎが太くならないかと懸念する人もいるかもしれません。

それにバレエ教室に子供を通わせていると、子供のふくらはぎがししゃも足になってしまわないか?と不安なママもいることでしょう。

でも結論からいうと、バレエをすることで、ふくらはぎを細くすることは可能です。ふくらはぎが太くなってしまうのは筋肉の使い方を誤っているからなんですね。

バレエを趣味とやっているリハビリの人に聞いたら、「ふくらはぎの使い方が悪いと太くなる。バレエをやったら、ふくらはぎのケアをしっかり行うことが大事」とのこと。

バレエレッスン後のケアが大切!


バレエで疲れた筋肉を修復せずに翌日を迎えてしまうことを繰り返していると、筋肉が太くて硬くなり見栄えも悪くなってしまいます。バレエでは爪先立ちをして行う動作が多く、当然ふくらはぎの筋肉を酷使することになります。

だからレッスン後、入浴やストレッチ、マッサージなどマメに行い、筋肉の疲労感を少しでも取ってあげることが大切なんですね。そうすることで筋肉に老廃物を残すことなく、バレエでふくらはぎを細くすることが可能になります。

またレッスンの時に足底筋群の使い方に気をつけるようにすると、ふくらはぎの筋肉に悪影響を与えにくくなります。足底筋群とは文字通り足の底にある筋肉の総称です。足の底には驚くほど多くの筋肉があり、それらが上手く働いているためスムーズに歩いたり走ったりできるのです。

ですが、バレエで踊っていると足底筋群には非常に大きな負荷がかかります。足底筋群を正しく使えるには、バレエに詳しい先生からアドバイスをもらってくださいね。要は、ふくらはぎに無駄な力を入れなければいいのです!

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ