寒い季節にはリップクリームが欠かせず、常に持ってお出かけをしている人も多いでしょう。想像以上に荒れてくると、男性によく見られる唇を舐める仕草!唇を無意識になめてばかりすると、余計に唇が乾燥してしまうので逆効果となってしまいます。

唇を舐めて潤すのではなくリップクリームで保湿を与えましょう!より効果的を求めるのであれば、パックがいいんだとか!男性はリップケアへの関心は低いと思いますが、管理人もその一人です。
でも人と関わることの多い仕事に就いているとしたら、面倒でもやったほうがいいかなと思います。

ほら、対象者と関わる上で、態度はもちろん清潔な身嗜みが大切だとよく聞くでしょう?

シャキ!

ここでは、はちみつやオリーブを使った唇パックケア方法を紹介します。

スポンサーリンク

 

サランラップで唇パックケアの方法


美容に関心のない男性でも手軽にできるのがサランラップによるパックケア。料理を保存する際に使われるサランラップとリップクリームを用意します。

サランラップでのパックケア方法

①唇にたっぷりとリップクリームを塗る
②サランラップを口に当てて10分ほど放置
③10分後、サランラップを剥がす
④蒸しタオルを当てる

このような方法でリップクリームの成分がしっかりと浸透し、プルプル(?)な唇を手に入れられますぞ!時間的に余裕があれば、ラップで唇を覆った後に蒸しタオルを当てるとより効果的です。このパックケアと蒸しタオルの相乗効果により、保湿力も高くなって浸透しやすくなります。

市販の専用パックがあるけどサランラップで十分ですよね。サランラップなら男性でも簡単にパックケアができると思います。

リップクリームなどでこまめに保湿してもいいのですが、美容意識の高い男性でたっぷり唇ケアしたい時は、次の2つの方法を用いたスペシャルケアといきましょう!

はちみつを使った唇パックでケア


用意するものは、はちみつと食品包装用の薄いフィルムだけ。なぜ、はちみつなのか?それはビタミンBが多く含まれており、それが保湿力を補ってくれる働きがあるからです。

はちみつでのパックケア方法

①唇にはちみつを塗る!
②フィルムを口に当てて10分ほど放置!
③10分後、サランラップを剥がす!

はちみつを使った唇パックでケアをすると保湿がされ、ビタミンB群やナイアシンが含まれているので肌荒れを整えてくれます。唇にひび割れが見られやすい人には最適な方法かも?
ぜひ、一度はちみつ使用による唇パックケアを実践されてみてくださいね。

スポンサーリンク

なぜオリーブオイルが凄い?


オリーブオイルは生活習慣病にも一定の効果があり、健康食品としても注目されています。オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸は、体内の血中の悪玉レステロールを減らし皮下脂肪がつきにくい身体にしてくれるばかりでなく、胃腸の働きを整えて便秘などの悩みを解消してくれます。先日、テレビ健康番組で便秘改善のためにオリーブオイルをスプーン1杯飲むといい!と言ってたしね。

1日にティースプーン1~2杯のオリーブオイルを飲むこともお勧めです。以前この方法で便秘が解消した患者さんがいました。オリーブオイルに含まれるオレイン酸が、腸の働きを活発にし、さらに腸の潤滑油としても働いてくれるからだと私は考えています。

オリーブオイルは実に多才な面を持ち合わせています。例えば美容面においては、オリーブオイルは皮脂に似た保湿成分が豊富に含まれている上に、抗酸化作用があることから美容アイテムとして幅広く使われているのです。

オリーブオイルでラップパック方法

オリーブオイルには皮脂に似た保湿成分がたっぷり含まれていることから、荒れた唇に保湿を与えるのに適しています。管理人的には、このオリーブオイルによるケアが良かったかなと思います。

オリーブオイルでのパックケア方法

①まず蒸しタオルで唇を温めて柔らかくする!
②少量のオリーブオイルを唇に塗る!(またはコットンに染み込ませる)
③サランラップを口に当てて10分ほど放置!

じんわり温かくなってきたら、サランラップを剥がして優しく拭き取ります。オリーブオイルは料理に使われるので、直接口に入れても問題ありません。もし味や臭いが気になるなら、はちみつと混ぜたものを使ってみるのもアリ!

※次の動画をご覧になれば、方法が分かります↓

秋の夜長、ゆっくりとリラックスしながら、簡単唇ケアでぷるぷるの唇を手に入れましょう!

秋から春先までは乾燥しやすい時期ですので、忘れずにしっかりと唇をケアしていきたですね。
荒れた唇をラップでパックケアする際には、はちみつを塗ればより効果を与えてくれるので、ぜひ、試してみてはいかがでしょうか?

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ