作業療法士が転職するなら訪問リハビリ?

作業療法士が転職するなら訪問リハビリ?

みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です(@tyahan56)

作業療法士として働いていると、結婚や妊娠、出産などライフイベントがあると思います。

特に女性の場合は、結婚や出産により仕事と家庭の両立を持つことになり、退職するか、またはパート勤務に切り替える必要に迫られるかもしれません。

パート勤務は男性よりも女性のほうが多いのですが、常勤の時よりも給料がダウンすることになります。
その場合は、高時給のパートを見つけたいですよね?

シャキ!

ここでは、高時給の案件を探す方法について説明しています。

スポンサーリンク

高時給の働き方とは?


今の職場を退職せずに続きたいのなら、パート勤務に切り替えれば続けることも可能です。

働き慣れてる環境なので。自分のペースで仕事がしやすいと思いますが、肝心の時給はいくらでしょうか?

勤務場所によって時給がバラバラですが、平成26年度の平均時給では、1,678円となっています。
一般にOTの時給は1,500円~1,800円ぐらいだと思ってください。

10年以上前は時給3,000円が当たり前だったのですが、今となっては平均時給が物語るように半額程度にダウンしています。

作業療法士に対する需要が高いけど、供給が過多になれば明らかに時給が下がってしまったのです。

平均時給以上、可能であれば2,000円以上という高時給のパートで効率よく稼ぎたい!と思うのが本音ですよね?

訪問リハビリは時給2,000円以上という表記をよく目にしませんか?

なぜ訪問リハビリは高時給なのか?日本は高齢社会で、今後もますます加速すると思われます。

そのことから介護保険の改定により在宅サービスの整備に力を入れているわけですが、高齢者が住み慣れた在宅で可能な限り能力に応じた自立した生活を営むことができるようにと、近年、訪問リハビリの重要度は高くなっているのです。

しかも介護予防訪問リハビリもあり、病状の安定している要支援者を対象にした訪問リハビリもあります。

訪問リハビリにおける作業療法士の需要は今よりもさらに増加していくことが推測されます。

作業療法士の女性が、訪問リハビリでも活躍できるフィールドが広がってきたのはとても嬉しいことですよね!

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ