イボコロリで顔や首のイボを取るのはOK?

イボコロリで顔や首のイボを取るのはOK?

みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です(@tyahan56)

ヒキガエルに触るとイボができるとか言われていた時代、人は迷信を信じていましたよね?
ところで、画像にあるイボコロリという商品名を聞いたことがありませんか?

イボコロリという商品は、横山製薬が販売している商品の一つで第二類医薬品に分類されます。

ネットでは、「イボコロリのおかげでイボが取れた!」なんて口コミ内容が多々見受けられています。

イボコロリのパッケージには、「ワンタッチ!サリチル酸50%配合 魚の目やタコ、イボに」と記載してあるので、もしや顔イボも取ってくれるかも?と僅かな希望が見えてきません?

でも顔イボにイボコロリを使っても、大丈夫なのでしょうか?

ハヤシ喜ぶ

ここでは、イボコロリで顔や首のイボを取るのはOK?についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

顔イボでもイボコロリ使用OK?

パッケージの裏を見たら分かるのですが、きちんと「顔面、目の周囲や唇、粘膜など」、「首などの皮膚のやわらかい部分」に使用しないでくださいと記載してあります。

保健衛生の問題に関して、今は知識があふれています。
時間の経過とともにイボは大きくなるということがない限り、顔面にイボコロリを使用するのはやめておきましょう!

イボコロリを使うには、どんなイボなのかを十分に理解したうえで対処しなければなりません。
パッケージの注意書きには、「水イボ」、「老人性イボ」などの症状に使用しないでくださいと記載しています。

顔や首にできるイボの種類は、ウイルス性のものでヒトパピローマウイルスの仕業なのか?
または、加齢や紫外線が原因でできる老人性イボなのか?

どちらのイボなのかを、素人判断では区別できないでしょう。
皮膚科でイボの種類をハッキリしてもらうといいと思います。

普通、手や足の皮膚にできるイボであれば、薬局等で売っているイボコロリで少しずつ小さくしていくことが可能です。

※管理人も実際、足にできたイボを除去するために、イボコロリを使いました!
正しい使い方を心ければ、キレイに除去できました。

サリチル酸という薬剤を塗って対処することになりますが、1週間続けてみることが勧められています。
柔らかくなってゆき、細胞が死滅していきます。

顔や首という部位はデリケートな皮膚ですから、間違ってもイボコロリを使わないように気をつけてくださいね。
どうしても顔イボを取りたいのであれば、皮膚科で液体窒素を含ませた綿棒などで細胞を死滅させてもらいましょう。

皮膚科での方法は、安全で衛生的ですから!
ただ何度も通院する必要がありますが、それも一つの方法だと前向きに捉えてください。

治療の過程で痛いときもありますが、治る見込みがあるならあきらめずに皮膚科に頼り、かつ慎重に対処していきましょう。

もし手足にイボがあるなら、イボコロリで表面の白い部分のあった場所に集中的に処置してください。
状態がよければイボを早く取れる方法ですので、イボコロリはある意味、優れた商品かなと思います。

念のために申し上げますが、サリチル酸と含んだイボコロリは必ず使用上の注意を読んで的確に使用すべきです。
その中に、皮膚の薄い顔や首には使用しないようにと注記されていますので、気をつけてくださいね。

スピール膏もイボコロリと同様、サリチル酸50%配合。どちらも似ているので好みですね。


最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ