作業療法士が転職する前に今の職場の価値観は?

これから転職しようと思ったら、今の職場の価値観をもう一度見直すようにしてください。20,30代までは思い切って転職することは可能ですが、40代以降となると転職すべきか否か判断に迷うかもしれません。

よく転職は「35歳まで」と聞きますが、それはもう昔の話しです!40、50代であろうが、求人側が求めているスキルさえ備わっていれば年齢なんて関係ありません。というのも作業療法士という資格は国家資格なので、剥奪されない限り転職先は見つかりますから。

経験豊富な人であればあるほど採用される可能性は高いと思いますが、給与は下がるかもしれません。管理職を求めるのであれば、それなりに給与はもらえるでしょう。管理人は責任感が求められる管理職をやろう!と思ったことは一度はありません。難聴なので、電話や会議が苦手で何かあったら困りますし、対象者との関わりが好きなので現場で働きたいんですよね。

シャキ!

ここでは、40代の作業療法士が転職する前に今の職場の価値観はどうか?についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

今の職場の価値観はどんな?見極めてから考える!


40代以降の転職となると年齢のことで二の足を踏む人が多いと思いますが、人によっては収入アップしたり残業が減ったりと現状より好条件になることが決め手となって決断する人もいます。条件はともかく、今の職場に愛想をつかして転職する人が多数いらっしゃいます。

しかし40代以降は転職先でのステップアップというより、今の現場に残留すべきか?転職するべきか?という選択が非常に難しいのです。これは自分の作業療法士としての能力の問題というよりも職場の価値観を見極めることの困難さが関係しているからです。

病院や施設、訪問リハビリなど勤務形態がありますが、どれも一つの会社だと思ってください。働く「人」を育てている会社なのか、あるいは「利益」を求めている会社なのかを見極めるといいかもしれません。

・事業優先→とにかく利益(稼働率)を上げる会社
・人優先→クライアント優先、スタッフを育てる会社

今の職場はどちらですか?「事業」優先?それとも「人」優先ですか?

転職するなら事業?人?どっちを取る?


管理人の経験ですが、1回目の転職前の職場(老健)は、ハッキリいって利益を求めるための事業優先でした。どんどん新規利用者を増やして稼働率を向上させる、そんな職場でした。

逆に働く「人」を育てる職場だったら、働きやすい環境を優先にしているので職場の人間関係が良好で離職率が低いと思います。今、管理人が勤務している職場はまさに「人優先」。他セラピストとの関係が良好で、作業療法士らしい仕事(アクティビティ)をさせてもらっているので、転職して10年近くになります。

今、転職を少しでも考えているとしたら、今の職場が「人」優先であれば転職はもう少し待ったほうがいいかもしれません。逆に、今の職場が明らかに「事業」優先であるとすれば、転職を視野に入れるといいでしょう。その場合は「人」優先の転職先を探すことです。

もし今の職場を残るなら、援助施策を大いに活用にし、作業療法士としてのスキルアップを意識的に図るといいですよ。自信がついたら本格的に転職してみては?援助施策について次の記事をご参照ください。

転職の失敗を避けるには、「人」優先の転職先を選ぶこと、それが転職の成功の秘訣とも言えます。いずれにしても40代以降の作業療法士は、もしかしたら人生最後の現場となる可能性も高いので、慎重に職場の価値観を見極めたいものですね。

オススメの転職エージェント

PT/OT人材バンク
メドフィット.com
スマイル SUPPORT 介護
マイナビコメディカル
作業療法士WORK
◎オススメ ○良い △普通

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ