作業療法士の将来性は?転職はチャンス?ピンチ?

作業療法士の転職はチャンス?ピンチ?

作業療法士として働き続けられるのは、65歳まででしょうか?65歳定年制としている勤務場所が多いと思います。とはいえ全ての作業療法士がずっと同じ職場で65歳まで働くとは限りません。少なからず1回は転職するでしょう。

30,40歳代の作業療法士の多くは、ようやく作業療法士の全体像を捉えられるようになり、周囲からは1人前と評価されて責任と権限を与えられていると思います。念願のマイホームを手に入れ、妻や小さな子供たちと大切な家族がいます。そんな家族の幸せのためにも、作業療法士としての仕事にますます力を入れなければなりませんよね。

しかし、この先ずっと作業療法士としてやっていけるのか?将来が気になるセラピストが多いのも事実です。

管理人の方は、昨年の12月に不妊治療を経てようやく産まれた赤ちゃんがいます。なので我が子のためにも、収入の柱を増やし将来を見据えた資金計画を立てていこうと思います。

シャキ!

ここでは、作業療法士の将来性と転職はチャンスかピンチか?についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

作業療法士としての将来性は?


40代の作業療法士が定年まで20数年あり、同じ職場で頑張って働き続ければ、昇給やボーナスアップ、終身雇用が保障されるとは限りません。給料が上がらない!昇給なし!の現実を目の当たりにするかもしれない現場に身を置くことができるのでしょうか?

年1回の昇給があると思いますが、いくらアップしたのかを確認していますか?意外と確認しないセラピストが多いらしく、今後のためにも昇給を確認しましょう!ちなみに知人から聞いたのですが、昇給はたったの200円で、さすがにモチベーションが下がり転職したそうです。

管理人が転職した職場では、契約書類に「昇給1万円見込み」と記載してあったのに、転職して1年後、なぜか「昇給1,000円」と訂正されていました。理由を尋ねたら、「(同じ職場の)セラピストが増えてきたため」と…。ダマされた感は否めませんでした。

日本は終身雇用制度が崩壊し、年棒制や成果主義を取り入れたり派遣や契約社員が増えたりと、労働市場が流動化しています。だから同じ現場で汗水垂らして頑張っていても、昇給やボーナスアップしてくれる保障はないのです。

民間企業からの中高年の再就職は厳しいと言われていますが、OTやPTなど医療職の場合は、国家資格であるため転職や再就職ができます。資格剥奪さえしなければ、定年までに給料をもらうことができます。

ところが!
年々資格取得者が増加しつつあり、転職や再就職ができるところか、容易に見つかるとは限りません。とはいえ、管理人的には定年まで2,3回は転職したほうが人生を2,3度楽しめるかなと思います。転職の度に、作業療法士の原点に帰って学び直すのにいい機会でしたから。

それに転職先での新たな出会いや作業療法士としての知識や技術を新たに身につけられる、また転職先にとっても新陳代謝を促進されることにもなると思います。

定年まで根気よく勤めたら結構な退職金が入ると思いますが、残念ながらサラリーマンの退職金よりも低いようです。どうせなら今の職場よりも月収アップの見込める転職先に勤めたほうが、それなりの所得を保障できるかもしれません。転職はそれなりの準備が必要ですし、覚悟や家族の同意も重要です。

作業療法士の転職はチャンスか?ピンチか?


今の現場で利用者や患者のために頑張っても給与やボーナスアップなどの見返りが少ないかもしれません。年々、作業療法士が増加傾向にある中、「転職はチャンスか?ピンチか?」を捉えるのかは自分の判断によります。

周りがどう言おうと、自分軸で決めることが重要です。作業療法士として長年働き、すでに経験している訳ですから、実力さえあれば自分の意思で働く場所や働き方を賢く選べるはずです。給料もそれなりに得ることもできるでしょう。

どうにか転職先が見つかったとしても、未来は不確実です。本当に転職してよかったのか、一度転職してみないと分かりません。そんな未来を不安にさせたくないのであれば、転職の前に何をすべきかを考えられるのは今だけです。未来は現在の延長にあり、現在の結果でもありますから。

転職するかどうか迷っている方は、次の設問を読んでみてください。

①今の現場で、今のペースで頑張って続けたい!
②今の現場で、今以上に作業療法士として実力を上げてトップを目指したい!
③今の現場で働きながら、他の道を視野に入れて同時に頑張りたい!
④やっぱり今の現場はアカン!なので今すぐに転職したい!

どうでしたか?
転職するか今の職場に残るか、それは自分軸で決めることです。

金のために転職するんじゃない!」と声が聞こえてきそうですが、それは自己満足に過ぎません。利用者(患者)のために働くのであって、給与はその次なんだ!という人は新卒の人なら分かるのですが、将来、結婚したり子供ができたりと状況が変わると、今の給与で生活設計ができるのでしょうか?

転職するかどうかお悩みの方は、一度、転職エージェントサービスに登録してはどうでしょうか?専任コンサルタントが転職に関するアドバイスをしてくれます。今の職場よりも好条件の求人があると知ったら、俄然やる気が湧いてきますよ。

少しでも転職したいと思う気持ちがあったら、それはチャンスという分岐点であると捉えてみては?

オススメの転職エージェント

マイナビコメディカル
PT/OT人材バンク
メドフィット.com
スマイル SUPPORT 介護
作業療法士WORK
◎オススメ ○良い △普通

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ