転職すべきか否か
作業療法士は転職すべき?バランスシートでチェックを!

「作業療法士としての活躍の場を広げたい!」と転職を考えたのなら、「なぜ転職したいのか?」、「今の現場では続ける意味がないのか?」を自問自答してください。

新卒の作業療法士は経験を重ねていくと、「もっとOTとしてのスキルを発揮したい」、「給与が安い!」、「職場のスタッフとの関係に疲れたよ」など、いろいろな不満が出てくると思います。
そこで転職したいと気持ちが生まれるわけですね。でも、本当に転職したいのでしょうか?

ここでは、バランスシートを使って転職すべきか否かを確認する方法をお伝えします。

 

OTとしての実力はあるか?

誰だって辞める権利は持っています。「辞めてはいけない!」とか「辞められない」という固定観念に縛られる必要はないので、いつでも辞めることは可能です。退職できることを考えるだけでも確かに爽快です。

でも、「なぜ転職したいのか?」をもう一度冷静になって考えてみてください。現職で今の自分が抱いている不安や疑問があるとしたら、転職すればそれらを解決できると思っていませんか?
転職成功するには、次の転職先でOTとしてやっていけるだけの実力を身につけておかねばなりません。

というのも、採用側はOTとしての実践力が欲しいからです。ヘッドハンティングされればいいのですが、採用担当者は必ず作業療法士としての職務能力を鑑定します。

現状への不満があって転職したいと思っている人は、その不満とは何でしょうか?不満を今の職場で解決できないのでしょうか?それを改善しないかぎり、次の転職先でも結局、同様の不満が出てくる可能性が高いです。

採用担当者は応募書類や面接を通して、「こっちに来たら、また同じ不満が出て長続きしてくれないのでは?」と判断されてしまうかもしれません。面接で「なぜ今の職場(前職場)を辞めたいのか?理由は?」とよく質問されるので、納得のできる答えを用意してください。

今の職場への不満が残る限り、転職してもきっと同じ問題にぶつかるはずです。そうならないためにも、今のうちにOTとしての知識やスキルを高めておきましょう!

 

バランスシートでチェック!


転職するかしないか、頭を悩ませる日々が続くものです。果たして転職したほうが自分のためになるのか、OTの将来のためにもなるのかなど、転職が自分にとってメリットがあるのかどうか…。これらを思うだけでも不安や迷いが生じるものですよね。
もし迷った場合は、自分が今の職場の良い所と悪い所のバランスシートを作成してみてはどうでしょうか?
下表のように、真ん中に縦線を引いて左側の欄に「今の職場の良い点」右側の欄に「今の職場の悪い点」と分けます。

※参考文献:箱田忠昭【監修】オアシスインターナショナル株式会社【著】「これだけは知っておきたい転職の基本と常識」
今の職場の良い点
今の職場の悪い点
1.スタッフと仲が良い 1.嫌な上司がいる
2.有給取得しやすい 2.昇給が少ない
3.OT的な仕事ができる 3.年間休日が少ない
4.残業が少ない 4.納得のいかない年収
5.… 5.…

このように客観的な目で今の職場を見直しつつ、良い点と悪い点を思いつくまでドンドン具体的に書きましょう。そして全て書き入れたら、両者を見比べてみます。

右側よりも左側のほうが多いのであれば、まだ転職する時期ではないかもしれません。逆に左側よりも右側に空欄が目立つ場合は転職への第一歩を踏み出すことになります。

不満や疑問を抱えながらOTの仕事を続けていくと不完全燃焼の状態に陥るかもしれないので、それを断ち切るためにも転職に踏み切ってみましょう!
ただ悪い点に書き入れた項目は転職先でも起こる可能性もあるので、一つずつ確認した上で判断してください。

最後に決断を下すのは自分です。
本当に充実したOT人生を送れるかどうか、バランスシートを見て判断してくださいね。

 
最後までお読み下さりありがとうございました。
★応援1クリックをお願いします。

人気ブログランキング
★もう1つ”ポチッ”とお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村