OT転職エージェントの非公開求人
非公開求人が転職成功のカギ?

インターネットで求人情報を検索する時に、自分の希望条件に近い求人を見つけるのはそう簡単ではありません。たとえあったとしても、数件しかないこともあるでしょう。
しかも応募しようとしたら、すでに他のOTを採用し募集を締め切ってしまった!なんてこともあります。

転職エージェントを見ると分かるのですが、「非公開求人豊富!」とか「人気の非公開求人を紹介!」と一度は目にすると思います。この非公開求人を見つかるかどうかが今後の転職の成功を大きく左右するのです。

ここでは、作業療法士に特化した転職エージェントによく見られる非公開求人について説明しています。

スポンサーリンク

 

そもそも非公開求人とは?

転職エージェントでは、一般の求人公開だけでなく非公開求人も存在します。非公開求人とは、一般に公開されていない求人のことで、ネットでの求人情報検索やハローワーク求人、ペーパー求人誌などにも掲載されていない求人のことです。

なぜ、非公開にしているのか?
非公開求人にする大きな理由は次のように4つあります。

非公開求人する4つの理由

・多数の応募を避けるため
・人気があるため
・好条件・高待遇がよいため
・急募のため

上述した理由の他にもあると思いますが、一般に採用側が「公に公開したくない求人」がたくさんあるわけです。作業療法士は今の職場よりも少しでも給与・年収アップしたいはずですから、条件のいい求人情報を探しますよね?

あ、これ!凄い給料がいいじゃん!そこに応募してみよう!」と思うのは自分だけでなく、転職活動中の作業療法士たちも同様で求人情報に狙いを定めているはずです。
そんな人気のある求人に応募が殺到するので、採用側の担当者にとってはハードな負担がかかります。

だから、一旦非公開求人にして転職サイト側が求職者を選別するのです。つまり、採用側が「多数の応募が来たら、選別がもの凄く大変なので、転職エージェントさんの方で希望条件に合う人だけ選別して!それが終わったら教えて下さいな~。」という要望を転職エージェントに伝え、非公開求人として設定するわけです。

その方が採用側にとって楽チンなわけです。

 

登録したら、まずは非公開求人チェック!

驚くことに全体の約60%以上の求人情報が、転職エージェント上では検索できない非公開求人なのです!
例えば、非公開求人にはこのような条件が埋もれているのです。

  • 都内で年収500万円以上
  • 年間休日が120日以上
  • 時給2,000円以上
  • ブランクOKで月収30万円上
  • 急募!週1,2日OK!

非公開求人には、一般公開求人よりも好条件や高待遇が多いのです。だから非公開求人にするのですが、問題は非公開求人の件数です。登録しない限り、自分が住んでいる地域にどれくらい非公開求人の情報があるのか分かりません。

都会から離れている地域だと、非公開求人の数が非常に少ないこともありますからね。

転職エージェントに「非公開求人が豊富!」とか「非公開求人多数あり!」とか謳っているけど、人の目を引くために宣伝しているかもしれません。非公開求人が豊富に揃えていると期待して登録したら、予想に反してそれほど多くはなかったなんてこともあるのです。

でも各転職サイトの持つ非公開求人情報の数が、転職サイトを選定する上での判断材料の一つになると思います。ただ非公開求人の数が多いから良い転職エージェントであるとは限りませんので、そこは勘違いしないでくださいね。

どちらにせよ転職エージェントに1回登録さえすれば、非公開求人の情報を得ることができます。登録した作業療法士の中から、採用側が望む条件に合った人だけを紹介してくれる、もしくは専任コンサルタントから勧めてくることもあります。

ただ条件のよい求人には大変人気があるので、すでに枠が埋めてしまっているケースもあるかもしれません。
 

さいごに

転職エージェントには一般の求人だけでなく、約60%以上の求人情報が転職エージェント上では検索できない非公開求人があります。ただ登録しない限り、非公開求人を確認できません。
今の職場よりも月収・年収アップを目的に転職したいのであれば、転職エージェントに登録し、すぐに非公開求人をチェックする、もしくは専任コンサルタントに非公開求人について尋ねてください。

非公開求人はこれからの転職活動するOTにとって大きなメリットで、転職成功へのカギとなります。

非公開求人のある転職エージェント

作業療法士WORK
メドフィット.com
マイナビコメディカル
スマイル SUPPORT 介護
◎オススメ ○良い △普通

 
最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ