OTPT国家試験のイメージみなさん、こんばんは。
崖っぷちの難聴のOT林です。

さて、今日は認知症に関する国試にチャレンジしてみました。

問題1:自転車の乗り方などの熟練に関する記憶は?
1.エピソード記憶
2.手続き記憶
3.近時記憶
4.意味記憶
5.即時記憶
 
問題2:アルツハイマー型認知症のOT場面で見られないのは?
1.語間代によるコミュニケーションの低下
2.まだら痴呆による作業能力の低下
3.記銘力低下による作業手順の混乱
4.失見当識による作業時間の間違い
5.人格変化による孤立化

 

正解は↓のほうへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題1の正解:
記憶は宣言(陳述)記憶(エピソード記憶、意味記憶)と非宣言(非陳述)記憶(手続き記憶、プライミング、条件反射など)に分類される。
即時記憶、近時記憶、遠隔記憶は宣言記憶の時間的側面からの臨床的分類である。

問題2の正解:
アルツハイマー型認知症の中核症状は、記銘/記憶障害、失見当識障害がある。言葉の中間または最後の音節を反復する語間代も特有な症状

 
最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ