車椅子シーティング
みなさん、こんばんは。
崖っぷちの難聴OTの林です。

今日は、「フットサポートから足が落ちるので、何とかして欲しい!」とスタッフや家族に言われたら、どう対応を取ったらいいのか?をお伝えします。

スポンサーリンク

 

フットサポートから足が落下しないためには?

フットサポート

↑今にもフットサポートから足部が落ちてしまいそうですね。

 
写真を見て分かる通り、踵部をフットサポート上に接地していません。この利用者の方はハムスト短縮しており、両膝関節が屈曲拘縮となっています。

ずっとこの状態が続くとなると、足関節背屈位が強まる可能性があります。また、足関節の前面はリンパ液の流れがあり、浮腫を助長してしまいます。
車椅子を後方から押して移動したら、足が擦れたり絡まったりして怪我する恐れもありますしね。

そこで、レッグサポートが取り付けているのであれば、わずか10秒で解決できます!

フットサポート落下防止のイメージ

↑レッグサポートを下方へ移動しました。

 
レッグサポートをもっと下の方にズラして取り付けました。ただ、それだけです!

踵部をフットサポートに載せ、落下する危険性はなくなりました。ただ立ち上がりや移乗動作など、レッグサポートを外さないと立ち上がりにくいかもしれません。その際は外してください。

最後までお読み下さりありがとうございました。
★応援1クリックをお願いします。

人気ブログランキング
★もう1つ”ポチッ”とお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村