★応援ポチをお願いします
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ  
温湿布と冷湿布の使い分けは?貼り薬と塗り薬のどちらが効果的?

久々に運動したら、筋肉痛や関節痛を引き起こされる可能性が高いと思います。そんな時に備えて湿布や塗り薬、スプレーを使う人が多いと思います。

ところで、湿布薬には温湿布と冷湿布がありますが、どちらが早く筋肉痛の緩和につながるのでしょう?また塗り薬と湿布のどちらが効果的でしょうか?人それぞれかもしれませんが、自己流でやられている人が多いと思います。

シャキ!

ここでは、温冷の湿布の使い方や湿布と塗り薬についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

温湿布と冷湿布の使い分け


筋肉痛の緩和目的であれば、一般に痛み始めの時に冷湿布を貼るようにします。運動後の筋肉は血流量の増加によって痛み始めてくるのですが、炎症を抑えるためにタンパク質の分解酵素や白血球の作用により痛みを引き起こします。炎症を抑えるには特に冷やすことが先決で冷湿布が望ましいわけです。

もちろん氷枕や氷のうでも構いませんが、時間は20分位に設定し、痛くもなく気持ちイイ~位に冷たさを調整したほうがいいでしょう。ただスーパーにあるような保冷剤はできれば避けた方が無難です。これは冷却作用が強いので低温火傷の恐れがあるからです。

なお、炎症が起きている間は温湿布を避けてください。温めると血液の循環が良くなるが、炎症をさらに進めて筋肉痛を悪化させる恐れがあります。筋肉痛のある部位の皮膚に手の甲で軽く触れてみてください。手のひらだと汗などで感度が鈍くなることがあります。

もし皮膚の熱があるようなら、冷湿布を貼ってください。逆に熱がないなら温湿布で貼るといいでしょう。

ここで注意したいのですが、冷湿布などで冷やし続けると治りが遅くなります。痛みがピークを迎えた頃、血流量は減ってきます。これは筋肉がパンパンと腫れていると血管が潰された血液循環が悪くなってきます。ここで温湿布の登場。温めて血行の循環をよくしてあげることで、筋肉痛の治療が早くなります。

話をまとめると、運動後はまだ炎症を起こしていないはずですから、血液の循環を良くするためにまずは温めます。温湿布のみならず入浴やマッサージでも大丈夫です。そして、24と48時間後に痛みや腫れが激しい場合は冷やすようにしてください。

温と冷の使い方を上手に行い、筋肉痛との壮絶なる戦いに備えていきましょう!

スポンサーリンク

貼り薬?塗り薬?どっちが?


運動習慣のない人が久しぶりに運動を行うと、間違いなく筋肉痛がやってくるかもしれません!少しでも筋肉痛を緩和したいのであれば、湿布のような貼る薬や塗り薬の登場!どちらも同じ成分が含まれていますが、使うならどっちでしょうか?

ポイントはどんな症状なのか?を見極めること。運動して汗を流すために入浴すると思いますが、入浴後の状態が一つの目安になります。つまり、入浴後でも痛みがあまり引かないのであれば、これは炎症レベルに達していることになります。

したがって、炎症レベルだと温熱系湿布などアイテムは使用厳禁となります。その場合は、まず炎症を鎮めるのが最優先ですから、鎮痛消炎剤などの冷やすタイプを使うことです。

オススメなのは、インドメタシンプロフェン系配合のアイテムです。これらを使うことで炎症を鎮め、痛みを引いてきます。

では、入浴後で痛みが引いた場合は?
痛みが軽減してきたのは、入浴の温熱作用による血行促進で疲労物質が代謝されている状態を示しています。その際の対処療法は、血行促進剤のへパリンや温熱効果のある唐辛子エキス、また浸透した部分の血行を改善するメントールのアイテムを使うといいでしょう。

もし入浴後の痛みの程度が判断できない場合、どうしたらいいの?
これは、インドメタシンやプロフェンなど冷やす系のアイテムを使用したほうが無難かもしれません。というのは、炎症・非炎症にかかわらず筋肉痛や辛さを鎮めてくれますし、また心理的にも安心感をもたらしてくれるからです。

基本的には好みやシチュエーションで貼薬もしくは塗薬を選んでもいいのですが、敢えていうなら即効性と持続性に差があります。両者の違いは次の通り。

湿布:浸透の速度が遅いため即効性は劣る。でも布の部分に成分が残るため、効果は長続きする

塗り薬:皮膚に直接擦りこめるため、成分が深く浸透し即効性が期待できる。でも持続性はあまり期待できない

このように、塗り薬と湿布には一長一短があります。結果的には自分の好みやシチュエーションで選ぶといいのですが、早く治まりたいのなら即効性の高い塗り薬がいいかも?
即効性を求めていないのであれば、後からジワジワと来るのが実感できる持続性のある湿布を使ってみるといいかなと思います。管理人的には後からジワジワと来る方が効果を実感しているので、湿布を使うことが多いです。

塗るビタミンCをご存知でしょうか?
VCS(Vitamin C Stable)という安定型ビタミンC配合のスポーツジェルです。
ビタミンCの抗酸化作用が筋肉痛や筋肉の疲労の原因となる活性酸素を除去してくれるのです。身体をいじめるような激しい運動を行うとビタミンCが大量に消費してしまいます。そのため筋肉のだるさを感じるようになります。

ビタミンCを塗ることで皮膚からでも効率よく持続的に吸収され、疲れた筋肉の緊張を和らげます。

レビューをご覧になると分かるのですが、「筋肉痛の治りが早い」とか「足のつりの軽減」、「膝痛の軽減」と好評のようです。
なぜビタミンCが筋肉疲労に良いのか?詳しくはVCSスポーツジェルへ。

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ