みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。

新規の利用者を受け持つようになったら、あることをするようにしています。

眉を上げる

ハヤシ喜ぶ

ここでは、なぜ眉を挙げると好印象を与えることができるのか?をお伝えします。

スポンサーリンク

 

眉を挙げると好印象を与えられる?


管理人は難聴ですので、何回も聞き返すことがあります。無表情のままで聞き返すと、相手に嫌な顔をされてしまったことがありました。事前に「私は難聴を持っています。」とお伝えしていたのですが、どうやら人の話を聞く時の表情が気に食わなかったかもしれません。

きっと相手は心の中で、「ちゃんと聞いているのか?」と思われていたことでしょう。無表情だと、緊張した雰囲気を相手に与えてしまいます。自分はそのつもりはなくてもです…。

作業療法士になる前は病院で介護の仕事をしていました。そこで、多くの患者さんと接していくうちに「眉を上げる」という変な癖が気付かないうちにつくようになったのです。でも、その癖がついた時から、どういうわけか相手に嫌な表情をされなくなってきました。

石井裕之著「ダメな自分を救う本」に、偶然にも「眉を上げる」という内容が記載してありました。

「眉を上げる」ということは、その著者いわく…、

・ワタシは心を開いていますよ

・あなたを攻撃するつもりはないですよ

・あなたに従いますよ

…という潜在意識的なメッセージになるようです。

「眉を上げる」って、実は、相手の警戒心を解くためにテクニックだったんですね。

あるテレビ番組で、「人と会う時にはおでこを出した方が相手に好印象を与える」という話を聞いたことがありました。おでこを出す、眉を上げるはどちらも相手に柔らかい印象を与えることができるんでしょうね。

初めて担当を受け持つようになったら、眉を上げることを意識にするといいですよ。早い段階でラポールを形成することが容易になります。

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ