みなさん、こんばんは。
崖っぷちのOT林です。

暖かくなってきましたね。これからは肌の露出機会が増えてきますから、ダイエットや脇汗の臭い対策など、何かと忙しくなってきそうです。

そして、あの憎き蚊も登場してきます!
蚊の性質や特徴を一応知っておくと、話のネタになるので覚えて損はしないと思います?

雑談って利用者とのコミュニケーションをスムーズに図るための潤滑剤みたいなもんです。どうでもいいネタであればあるほど、楽しく雑談できるかと…。

シャキ!

ここでは、蚊に刺されやすい人とかゆみの原因についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

蚊はO型の人が好き?

蚊にとってどの血液型の血液を美味しいと思いますか?

どうやら、O型の血液が美味しいらしいです…。管理人はO型です。これからもずっと蚊に刺されなくてはいけないのか…。

Wood et al.(1972)(当時、イギリスの研究者)は吸血したガンビアハマダラカ(マラリアを媒介する蚊)の腸内の血液を調べたところ、O>B>AB>Aの順であり、ABO式血液型の被験者を好んだと述べており、白井の試験結果は、ヒトスジシマカ(日本で昼間に刺す最も普通の蚊)を用いて、前腕にとまった蚊を調査する方法で同様の結果(O>B>AB>A)を得ており、O型がA型より有意に刺されやすかった。

O>B>AB>A

昔、ある番組で、蚊がO型を好むのは花の蜜とO型の血液は非常に近いと紹介があったのですが、どうやら根拠が不十分で定かではないようです。管理人はずっと信じていたのに…。
 

蚊に刺されやすい人とは?


確かにO型を好む文献があるのですが、残念ながら確実ではないようです。あくまでも傾向として捉えたほうが良さそうですね。
では、蚊に刺されやすいのはどんな人なのでしょう?

以下のような人は刺されやすいようです。

酒を飲んでいる人
蚊は炭酸ガスの多いところに集まるようです。つまり、飲酒後の吐息には炭酸ガスが多く含まれるので、蚊はそれに誘われてやってきます。

運動している人、汗をかきやすい人
運動した後は汗をかくのですが、それだけでなく炭酸ガスも出ます。

体温の高い人
蚊には温度を感知するセンターがあり、体温が高い人は蚊に刺されやすいようです。

黒色の衣類を着ている人
黒や紺など濃い系の衣類を着ている人は蚊に刺されやすい傾向があるようです。黒は太陽光を吸収しやすいですよね?だから黒い服を着ると体温が上がり、より蚊を誘引することになります。

 

刺された後、かゆくなるのはなぜ?

蚊に刺されると、かゆく感じるのはなぜだと思いますか?
一般に人間の血って、傷がついて外に血が出ると、固まる性質があります。もし血が固まったら、蚊の野郎は人間の血を吸えません。それに蚊の口が固まった血で張り付いてしまうと、逃げることができません。

なので、蚊の野郎は血を吸う前に、血液が固まらなくする液体を唾液に混ぜて、人間の体に注射するのです!そして注射を終えると、ゆっくりと吸血し始めます。
つまり、蚊の口が固まった血液にへばりつかないように、まず注射をし、それから吸い始めるのです!なんて賢い蚊や!

血液を固まらせない液体はタンパク質でできているので、人の体内に入るとアレルギーを起こし、かゆみを感じるようになります。
かゆくなるのは、この固まらなくする液体が原因なのです!赤く膨らむのは、蚊の出した液体のために、その部分の組織が変化するためです。

 

予防法は?

虫よけスプレーがベスト。または湿布や筋肉痛用の塗り薬やスプレーにも有効だそうです。
湿布は利用者のほとんどが持っていると思うので、蚊の予防法になると教えてあげると喜ばれるかも?

 

さいごに O型の人は蚊にモテる?

血を吸うのはメスだけ。産卵のために栄養が必要だから血を吸うのです。あくまでも傾向だけど、血の味が美味しいとされるO型の人は気をつけましょう。
ですが、一般に蚊は人間の出す炭酸ガスや汗、体温などに反応して、どの人間を吸血しようかと行動するようです。汗をかいたらマメに拭き取る、濃い系の衣類を着ないなど、しっかり蚊対策を取りたいものですね。

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

スポンサーリンク