高齢者におけるボルグスケールの使い方と良い・悪い痛みの判断

高齢者におけるボルグスケールって?

パワーリハビリテーションをご存知でしょうか?これは「マシントレーニング」や「各種体操(バランスの練習など)」により、身体の筋肉や関節を動かしやすくすることをいいます。

あらゆる動作に対し自信が持てるようになり、ADLやIADLの活発化を図ることで体力も向上します。このように身体・精神両面において、活動性の向上を図るのがパワーリハビリテーションです。
マシーンを使ったことがない高齢者が多く、それにマシーンを前にすると抵抗感を抱く人もいらっしゃいます。初心者がマシーンをトライしたら、「キツイわいッ!」と声を上げる人も何人かはいました。

でも、この「キツイわいッ!」という一言が大切な目安となります。

シャキ!

ここでは、高齢者におけるボルグスケールの使い方と良い・悪い痛みの判断についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

Borgスケールを参考に運動量を調整


個人に合った適度な運動をするためには、自分自身での感じ方というのが非常に有用な目安となります。その目安が、リハビリでも用いられているBorgスケール(指数)という運動強度の指標です。

例えば運動を行った後に、Borgスケールを見せて、「どのくらいきつかったのか?」を答えていただき、これを参考にして次回の運動量のメニューを調整していきます。

Borgスケールのこと

安静時を6とし、最大疲労時を20とした15段階スケールで、自覚的運動強度を示したものをいいます。

このスケールは6点~20点まであるのですが、なぜ6から始めるのか?それは6点を10倍したものが心拍数に近似する、つまり成人1分間に60回の心拍数となるわけです。6~20というのは、成人の心拍数を60~200/分としているわけですね。11段階目であれば、心拍数では110/分を示すことになります。

このスケールは、大まかな目安として下記のように並べています。

※出典:https://www.netflix.com/browse

高齢者の方々に解り易く答えてもらうために、数字ではなくイラストで症状を応えていただいた方が良いですね。

私たちセラピストは、高齢者が運動した後の筋肉痛がヒドくならないようにBorgスケールを参考にして運動量を調整しています。(マッチョを目指している高齢者なら別ですが…)

マシーンやバランス体操を終えた後、Borgスケールでの9~13の範囲内であれば適度な運動強度とみなしています。もし筋肉痛との壮絶なる戦いがしたいのであれば、運動強度の指標は15以降がいいかもしれません。私はどういうわけか筋肉痛が好きなので、筋トレやる時は15以上の負荷量に設定しています。

良い痛みと悪い痛みの基準


腰や膝の痛みを訴える利用者が多いですよね。痛みの程度によって安静が必要だったりしますが、自制内であれば適度な運動を行うことによって痛みを緩和させることも可能です。例えば、高齢者に多い膝痛は膝周囲の筋肉強化とストレッチによって痛みが緩和する場合があります。

痛みには3つのタイプがある!

急性慢性の痛みがありますが、急性であれば、RICE療法が大切。

R(Resr):患部安定 
I(Icing):冷却 
C(Compression):圧迫
E(Elevation):挙上