唾液を多く分泌させる腺はどれ?唾液腺マッサージでドライマウス予防を!


唾液を多く分泌させる腺はどれ?

みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。

以前、STによる勉強会が行われました。その中で参考になったのは唾液

高齢者の方は物を飲み込む反射が低下し、さらに徐々に咀嚼する力も衰えてきます。噛むための筋力が衰え、噛む力や噛む回数が減少し、唾液の分泌も減少します。
唾液腺を分泌させ、いつまでも健康な口腔機能を維持することが大切ですね。

梅干しを見ると、唾液がドロドロ出てきませんか?出てこないならドライマウスかも?

ハヤシ喜ぶ

ここでは、唾液についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

唾液のこと

唾液は、3つの唾液腺から分泌されます。

・耳下腺
・顎下腺
・舌下線

唾液分泌の割合ですが、

・耳下腺 20%
・顎下腺 75%
・舌下腺 5%

顎下腺が多く分泌されていることが分かりますね!

ところで、一日で唾液量が出るのはどれくらいか?をご存知でしょうか?
1日唾液分泌量は1000~1500mlと言われています。結構分泌されるんですね!

唾液分泌量のgrade分類

grade1:10ml/10分以上 正常
grade2:10> x ≧5
grade3:5> x ≧3 異常
grade4:3> x ≧1 異常
grade5:1ml/10分未満

セルフチェックする場合、座った状態で何も咀嚼せずに自然に出てくる唾液を15分間コップに採取し、注射器などで目盛りをチェックします。結果が6cc以下だとドライマウスの可能性が…!

最近、若い人にもドライマウスが増えてきているようです。ドライマウスにより口臭や舌痛、口内炎、歯周病など引き起こすリスクが隠されています。

唾液分泌が低下しているかどうかを簡単にチェックできる方法はないか?と調べてみたら、ありました!

※出典:http://www.comfort-tk.co.jp/drymouth

唾液腺マッサージ

ほとんどの施設が食事前のお口の体操を取り入れていると思いますが、唾液腺のマッサージもその一つです。唾液腺マッサージを上手に行えていない利用者がチラホラ見かけるので、きちんと指導したほうが良さそうですね。

※次の動画が参考になります↓

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ