みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。

定期的に歯医者に通っていますか?先日、歯の掃除を終えました。幸いなことに虫歯はありませんでしたが、やはり一番奥にある歯に汚れがありました!そこは掃除してキレイにしてもらいました。
歯科衛生士さんによるブラッシング指導を受けたお陰かなと思います。歯石染色剤を使うと、どこが磨き残しやすいか目視できるのはいいですね!

歯周病は全身状態に影響を及ぼすことがあるので、見逃せません!

ハヤシ喜ぶ

ここでは、歯肉炎歯周病がどんな病気に関係するのかをお伝えします。

スポンサーリンク


 

歯肉炎の症状は?


歯肉炎と歯周病の違いを説明できますか?そして、どちらの方が重症だと思いますか?歯周病と歯肉炎は、どちらも歯や歯茎に関係する病気という点では同じですが、病気の内容は違います。まず歯茎の異常の初期段階が歯肉炎です。歯肉に炎症が起こるので歯肉炎と言いますが、これは年齢や性別に関係なく誰にでもかかる歯の病気なんですね。

では、歯肉炎の症状には何があるのでしょうか?

・歯茎が痛い
・歯茎が腫れる
・歯茎から血が出る
・歯が動く
・口臭がある
・口がネバネバする
・歯並びが悪くなった
・歯の間に食べかすがはさまる
・硬いものが噛めない
・歯茎がむず痒い
・飲み物が歯にしみる

本当に初期段階であれば歯磨きのやり方を変えるだけでも完治しますし、歯医者へ行けばすぐに完治できます。その他では、歯垢や歯石が増えることも良く見られる症状です。歯石や歯垢が多くなると歯と歯茎の間に入り込んでいって歯茎の中に石が入ったような感じになります。

歯石の周りに細菌が付着していると、細菌感染して歯茎が炎症を起こして歯の根元や歯茎が赤くなったりします。通常の歯ブラシによるブラッシングでは除去困難なので歯医者で掃除してもらう必要があります。

もし歯肉炎へのケアをせずに放置すると、今度は歯周病となります。歯周病は完全に進行してしまうと他の内臓まで影響を及ぼす大変な病気です。歯周病は歯の周りに歯周病菌が感染して起きる病気なのですが、歯槽骨と呼ばれる骨とその上に歯肉という赤い組織があります。

最初、歯肉炎だったのが骨を溶かしていって歯槽骨まで届いているものが歯周病です。完全に骨がだめになったらインプラントなどの治療を行う場合もあります。

このように歯肉炎と歯周病の病気は段階が違いますが、治療にも大きな違いがあります。歯周病にならないためには、早い段階で歯や歯茎のケアが欠かせません。

※歯周病については下記の記事を↓

歯肉炎→歯周病→全身疾患を?

なかでも恐いのはの次の3つの病気でしょうか?

①糖尿病
②心臓病
③誤嚥性肺炎

糖尿病

歯周病が糖尿病の発病や血糖コントロールに影響を及ぼすことがあるとされています。糖尿病が進行すると免疫機能が低下するので、歯周病にかかってしまったら重症になりやすくなります。

心臓病

歯周病の人は健康な人に比べて、心筋梗塞など起こすリスクが3倍高まります。25~45才の若い人が歯周病にかかると心臓病や心筋梗塞を起こす確率が70%上がると言われていますから、気をつけたいものですね。

誤嚥性肺炎

歯周病を放置したり口の中が汚れたままだと、肺炎を起こすリスクは高くなります!口腔内の細菌によって引き起こすわけですからね。

某老人ホームで肺炎の発症率を調べたところ、以下の報告があります。

1日1回歯を磨いていたグループの肺炎発症率が11%
それに対し、歯磨きをしなかったグループは19%が肺炎になった

入れ歯と口蓋の隙間に少しでも食物残渣があると、細菌が増殖して肺炎にかかりやすくなります。だから毎日入れ歯のお手入れが大切なのです。

さいごに 歯周病にかからないためには?


口内環境を良くするには、毎日の丁寧な歯磨きが大切ですね。常に歯みがきで歯や口腔内を清潔にしないと、歯に歯垢がたくさん付着してしまいます。

・口腔内のケアが大事!
・毎日の歯ブラシ
・定期的に歯科によるメンテナンス

ちなみに最も不潔になりやすい場所はどこだと思いますか?それは歯の隣接面に接する歯間乳頭のところなんですね。歯科衛生士さんにも指摘されました…。
年齢を重ねると歯や歯茎が悪くなる傾向にあるので、最低でも1年に1回は歯科検診を受けるようにしたいものです。管理人は3,4ヶ月に1回は受けるように心がけています。いつまでも自前の歯で美味いもんを食べたいですからね。

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ