40代からオナラ臭がひどくなる?増える?

ご存知でしたか?
人は年々臭くなっていく生き物であることを…。どんな人でも加齢とともにオナラ臭や体臭などのあらゆる臭いがひどくなってくるのです!

赤ちゃんが生まれてから、年を重ねるごとに徐々に善玉菌の数が減少してしまうんですね。善玉菌の数が減少するということは、同時に悪玉菌の数が日に日に増えていってしまいます。

ハヤシはう!

ここでは、オナラが臭くなる理由についてお伝えします。


スポンサーリンク

 

オナラが口臭や体臭に?

自分は臭くないと思っていたいのに、人に臭いと言われたらショックが隠せませんよね?でも、安心してください!人間は誰だって年々臭くなっていくメカニズムが存在するのです。
このメカニズムとは、腸内に棲む善玉菌悪玉菌。これらの菌は互いに勢力争いしています。

悪玉菌は、食事などから摂取したタンパク質を腐敗させてアンモニアなどの悪臭を放す働きがあり、加齢と共に悪玉菌の数が増加します。お腹の調子を整えてくれる善玉菌は、出生直後から年を重ねるごとに減少してしまいます…。
ちなみに、悪玉菌が急激に増加するのは40代からと言われています。

ところで、悪玉菌が増殖して活発化すると、どうなると思いますか?
悪玉菌の放す悪臭は、一部はそのまま便とオナラと一緒に排出されていますが、その残りはどこに行くのでしょうか?
出し切れなかった悪臭は、血中に溶け出すことで身体全体に広がっていくこともあります。

最終的には、口臭体臭となって体外に放出することになります。増え続ける悪玉菌の悪臭が、口臭や体臭の原因の一つにもなるのです!

スポンサーリンク

オナラ臭や口臭、体臭を抑えるには?


40代からは急激に悪玉菌の数が増加します。悪玉菌の数が増加する一方で、己の身体から出る不快感の臭いも増えていきます!いわゆる加齢臭ですが、実は、悪玉菌の臭いが体内の血中に溶け出して体臭として体外に放出されていることもあるのです。

加齢臭を自覚している人は、きっと消臭スプレーやガム、香り系のボディシャンプーなど、外からのケアで臭いをごまかしている方々がいらっしゃいます。

しかし、外からのケアって、ほとんど一時的なモノが多いんですよね?なかには、自分自身の嫌な臭いに気が付かない人も大勢います。自分は気付いていなくても、もしかしたら、身の回りの人たちがあなたの臭いに気付いているかもしれません。

外からのケアも大事ですが、これでは増え続ける悪玉菌の働きを抑えることができません。

どうすればいいのでしょうか?

善玉菌を増やす!

結論から言うと、臭いの原因を作り出す悪玉菌の数を減らし、善玉菌を効率よく増やしてあげることです。普段から善玉菌にエサを与えて、善玉菌が元気な状態を維持することが大切なのです。

善玉菌の好物であるエサとは何かというと、オリゴ糖。このオリゴ糖を善玉菌に届けて、善玉菌が元気になれば加齢に伴う悪玉菌の増殖を回避してくれます。

オリゴ糖を摂ることがオナラの臭いや体臭を回避する、一番の近道かなと思います。ただ市販のオリゴ糖は甘味料も含有しているので、肝心のオリゴ糖がたった30%しか含まれていないのです!腸内の善玉菌がイキイキして欲しいなら、ほぼ100%に近い高純度のオリゴ糖がオススメです。

管理人がオススメしたいのは、身体の内側のケアとしての天然のオリゴ糖を摂ることです。天然のオリゴ糖で善玉菌を効率良く増やしてあげることで、臭いの原因を作る悪玉菌の働きを抑えてくれるのです。

天然のオリゴ糖を摂ることが、嫌な臭いを回避してくれる、一番の近道なんですね。

シャキ!

管理人愛用中のオリゴ糖は→カイテキオリゴ

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ