管理人は胃腸があまり強い方ではありません。そこでお腹のためにカイテキオリゴを摂り始めました。
オリゴ糖でよく知られているのは、整腸作用

忘れもしません。あの時のカイテキオリゴを初めて摂った日のことを…。朝食時にヨーグルトと一緒にカイテキオリゴを摂り、その10分後に便意を催しトイレに行きました。たった10分後に便意を催すなんて驚きましたが、その後がもっと大変でした。というのは出勤時の電車内や仕事中、強烈な腹痛と下痢に襲われたから!

 
管理人の場合、3日間お通じが来ない時がよくあり、4日目以降となると、いつもお腹の張りと痛みでツライ時がありました。でもカイテキオリゴと出会い、藁にもすがる思いで取り寄せてみた結果、便通が改善されました。

シャキ!

ここでは、半年間カイテキオリゴを摂って気付いたことや副作用についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

カイテキオリゴを摂って半年目!


半年目ですから、長く続けていると効果が薄れてくるのではないかと不安がありましたが、今のところ大丈夫でした。身体には「元の戻ろうとする性質」があり、ある時期になるとオリゴ糖の効果を実感しづらくなることもあるようです。

腸内に留まる善玉菌がもっと頑張って欲しいから、カイテキオリゴを頑張って摂り続けました。長く続けたことで予想外の嬉しいことがありました。
カイテキオリゴを摂り続けると体調にある変化が起きました。以下、管理人の気付いた点を挙げておきます。

・肌の調子が良くなった
・体重維持できている
・便臭や体臭の臭いが軽減
・腹痛の頻度が減少

※注意:個人の感想です。

…といった相乗効果も見られました。初めて摂る時は正直に期待していませんでしたが、まさに口コミの通りでした。管理人は緊張しやすい体質で時々腹痛があったのですが、カイテキオリゴのお陰なのか腹痛が起きる頻度が減りました

便秘気味になると、腸内に留まる老廃物の嫌な臭いが腸内に充満します。一部はオナラとして出すのですが、残りは血中に溶け出して口臭や体臭を放します。(←ゲップもその一つ!)
カイテキオリゴを摂り続けたことで、嫌な臭いの軽減に役立ってくれました。

カイテキオリゴについて一言を言うなら、元気な朝を応援する!といったことでしょうか?

もちろん、たまに便が出なかったこともあります。その場合は、夜にカイテキオリゴを入れたヨーグルトを食べておけば、翌朝に便が出ました。いわゆるナイトヨーグルトのことで、夜に食べておくと善玉菌が活発化しやすくなり、朝起きた後の便通をスムーズにしてくれます。
 

カイテキオリゴの副作用は?


そんな様々な良い作用を期待できるカイテキオリゴに、副作用はどうなの?と気にされている人も多いと思います。本気でオリゴ糖を活用したいと考え始めたら、やはり健康に問題がないかどうか心配なものです。

カイテキオリゴの副作用は、実際あるのでしょうか?
カイテキオリゴ摂取による副作用が出たという深刻な被害は今のところ報告されていないようです。健康な人なら適度な摂取量に気をつければ、副作用を心配する必要もないのです。

ただし健康被害につながる体質の方もいます。
大竹慎一郎医師の書籍によれば、以下のように記載されてあります。

人によっては摂りすぎるとお腹が張ってしまいつらくなったり、下痢や軟らかい便が出てしまうことがありますので、その際は量を少なくするなどして調整をしてください。そういった症状が出てしまう理由としては、善玉菌以外にも多少はオリゴ糖をエサとする菌がいるからなのですが、腸内環境が良くなってそのような菌が少なくなると徐々に症状が良くなってくることがあります。

成人の摂取量の目安は1日3~5gです。健康な大人でも1日に5g以上のオリゴ糖を摂取すると、膨満感を感じたりお腹を壊すことがあります。子供は成人の摂取量の半分程度までが上限です。必要以上に摂ると、お腹が緩くなるので気をつけてください。子供は大人に比べると消化器官の機能が完全ではないですからね。

ちなみに、管理人は便が2,3日間出ない日があったら、ちょっと多目に摂ることもあります。
いずれにしろカイテキオリゴは天然なので副作用が健康な人に現れることはなく、安心して召し上がれる商品です。
 

さいごに

善玉菌を効率よく増やしてあげることが、とても大切だなぁと痛感しました。これから試してみようと思っている人は、実感される度合いは個人差がありますので、まずは1ヶ月間続けることをオススメします。

カイテキオリゴ袋の裏にあるラベルには、”1ヶ月は使ってみてください。”と記載してあります。言い変えれば、体質が安定するのに、最低は1ヶ月間かかるよ!ということでしょう。

シャキ!

もっと詳しく知りたい→カイテキオリゴ公式サイトへ!

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

スポンサーリンク