妊婦はふくらはぎがつりやすいことはよく耳にします。特に妊娠中期~後期にかけて、こむら返りになりやすい時期なんだとか…。妊娠中のトラブルは何かと心配ですが、就寝中、毎晩のようにつると訴える人も少なくありません。

大切な睡眠時間を、足の痛みで目が覚めるということは、しばしば妊娠中の人から聞く話です。妊婦さんは何かケアをされているのでしょうか?お腹にいる赤ちゃんのためにも、睡眠時間をしっかり確保したいものです。

シャキ!

ここでは、妊婦さんがつる原因と対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク


 

妊娠中にふくらはぎがつる原因は?


こむら返りが起きる現象は筋肉の収縮が異常になった証拠ですが、原因としては長時間の立ち仕事や運動後、水分やミネラル不足などが指摘されます。

でも、妊婦さんはどうでしょう?妊娠後期(8ヶ月)になると、こむら返りを訴える方が多いようです。
主な原因として挙げられるのは、以下の3点。

独特な姿勢による下半身への過度な筋疲労

お腹の赤ちゃんの成長と共に妊婦さんの体重も必然的に増量します。その上、お腹が前方に突き出たような独特な姿勢を取ります。この体重増加と独特な姿勢により、下肢への負担増加と下半身の血行不良により、ふくらはぎがつる原因になります。

こうした無理な姿勢を取るので間接的に下肢の筋肉にも影響を及ぼしてつりやすくなるわけですね!

血行不良(骨盤の緩み)

出産準備のために骨盤が緩んでくるので、子宮が下半身の神経や血管を圧迫し、血行の流れが悪くなります。血行不良により、こむら返りが起きやすくなります。運動量が制限されると運動不足により、血行不良が原因で身体が冷え、下肢の筋肉も硬くなり異常収縮を引き起こしやすくなります。

特に冷え性の妊婦さんは要注意です。足を冷やさないように温めたりマッサージをしたりと血流の改善を心がけたいものです。

ミネラル不足

血液中のカルシウムやマグネシウムは、胎児に多く運ばれます。慢性的なミネラル不足は神経や筋肉が興奮しやすいため、つりやすくなります。

以上が、妊婦さんに見られるこむら返りの原因を挙げましたが、元気な赤ちゃんを産むためにも自分でケアできるところから始めてみては?

 

妊婦さんでもできる応急処置


妊婦さんが就寝中につってしまったら?
妊娠後期に入ると、思うように動きが取れないと思いますが、無理なくできる方法を実践してみたいですよね。

下記の通りにふくらはぎの筋肉を伸ばすことに意識してください。

応急処置

  • つま先を掴む
  • すねの方に引き上げる
  • 8~10秒ほどキープして元に戻す

ベッド上で寝ている場合、足裏を壁に強く押し当ててください。壁がなければ痛いの方の膝を軽く曲げて足指を掴んで手前に引いてください。
注意点ですが、急激に伸ばさないこと!自分が慌てて過呼吸になっていたら、冷静に深呼吸を!

お腹が邪魔で掴めない時は?
お腹が大きい妊婦は自分のつま先をつかむのは大変ですよね?しかも無理な体勢も厳禁ですから、ご家族に協力してもらいましょう!その時は足の裏からつま先を押して伸ばすようにしてください。

もし周りに誰もいなかったら?
その場合はタオルを用意して足の裏にかけて伸ばすようにします。もしくは壁に足の裏をピタッと密着させて上半身を起こすようにして伸ばしてみてください。

いつ起こるのか分かりませんから、万が一のことを考えてタオルを1本常備しておきましょう!

※パパさんは次の動作を見て、妻のために協力してあげましょう!↓

 

スポンサーリンク

妊娠中にふくらはぎがつらないためには?


こむら返りの予防ですが、妊婦さんは次の3点を意識してみては?

応急処置

  • 足を冷やさない
  • 適度なマッサージやストレッチを行なう
  • ミネラル不足に注意する

身体を冷やさないために、散歩など適度な運動やヨガやストレッチなど血液の循環を良くしてあげてください。
妊娠中は運動不足しがちですので、日頃からウォーキングなどで適度な運動を行ない、体調管理に努めることもポイントですね。

ミネラル不足にならないように、ミネラル豊富な食材を意識して摂りたいものです。

トコちゃんベルトで骨盤の緩みを

お腹が丸く膨らんでくると骨盤を内側から押し広げて骨盤が緩んできます。それが原因でふくらはぎがつることもあるので、骨盤の緩みを適切に調整してくれる腹帯(ベルト)を使うのも一つの手です。

腹帯には色々な種類がありますが、妊婦さんの間では、トコちゃんベルトシリーズが好評のようです。このベルトは「産前産後の妊婦様用に開発された商品」で、婦人科の先生も推奨するほど人気のあるベルトです。

ネットで調べると必ず出てくるトコちゃんベルトが良さそうですね!口コミ件数が1万件以上もあり、いかに人気があることが伺えますね!

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ