妊娠中でもプルーンを摂っても大丈夫?赤ちゃんの便秘もOK?

子供を授かって嬉しいけど、その半面、便秘に悩まされている妊婦さんも多いのではないでしょうか?妊娠すると便秘になりやすいとよく耳にします。管理人の妻もそうでした。
便秘になりやすいのは、女性ホルモンが大きく関係しているからです。

ハヤシ喜ぶ

ここでは、妊娠中に便秘になりやすい理由と、プルーンは妊娠中でも赤ちゃんでも安心して摂れるのか?について説明しています。

スポンサーリンク


 

なぜ妊娠中に便秘になりやすいの?

妊娠中は黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が多くなるのですが、お腹の赤ちゃんを守るために子宮の収縮を抑制する働きを持っています。でも子宮が徐々に肥厚していくと腸を圧迫して腸自体の動きが鈍くなってきます。

だから、妊娠中に便秘になりがちなのは女性ホルモンのバランスによるものです。

お通じが良くないとお腹はパンパン張るし、気持ち悪いしストレスだって溜まってきます。ただでさえホルモンバランスの変化による心身が不安定な状態だというのに、頑固な便秘があるとなおさらでしょう!

では、改善するにはどうしたらいいでしょう?下剤という手もありますが、薬に頼りたくないという妊婦さんも多いと思います。お腹の赤ちゃんのためにも自然な方法でお通じを良くしたいものです。
やはり一番思いつくのは、食物繊維をしっかり摂ることでしょうか?不溶性と水溶性の食物繊維をバランスよく摂ることがポイントです!

そんな時にオススメなのがプルーン
プルーンには食物繊維が豊富にあるだけでなく、妊娠すると失われがちなビタミンやミネラルもたっぷり含まれています!

つわりがひどかったりすると食欲を失せる妊婦さんも多いと思いますが、人間は食べ物から身体に必要な水分や栄養素を補っています。プルーンを1日何粒か食べたりヨーグルトと一緒に食べてみたり、少量ずつでもいいから身体のリズムを作っていくことも必要です。

プルーンで便秘を改善しつつ、ストレスフリーな毎日を!

プルーンの摂り過ぎはダメ?


「食物繊維をたくさん摂らなきゃいけない!」からと、プルーンをそんなに多量に摂取する必要はありません。過剰摂取すると、逆にお腹の調子が狂ってきますからね。食物繊維は消化・吸収される栄養素ではないため、短時間に過剰摂取してしまうと消化不良を起こしお腹が張る、下痢などトラブルを引き起こすことがあります。

プルーンも食べ過ぎると下痢になることも!

実は、プルーンには下痢を起こす原因がもう1つあります。プルーンといえば食物繊維が注目されがちですが、もう1つソルビートと呼ばれる物質が含まれています。

ソルビートはリンゴや海藻などに含まれる天然の甘味料ですが、この甘味度はショ糖の60%でお砂糖の代用品として使われます。水に溶けやすく吸湿性もあるため、食品以外にも化粧品に使われたりします。ソルビートはガムなどの甘味料として使用されることが多いのですが、「大量に食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがあります」という注意書きがあります。

要するに、ソルビートには便を軟らかくする作用があるので、大量に摂取すると下痢になるわけです。下痢になると、身体の栄養分と一緒に大量の水分が失われてしまい、ひどい時は脱水症状に陥ることもあるといいますからあなどれません!

健康食品も食べ過ぎると害になる場合もある、ということを肝に銘じておきましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの便秘にプルーンは大丈夫?


便秘になちがちな赤ちゃんにもプルーンを与えても大丈夫でしょうか?ドライプルーンは赤ちゃんにとって食べづらく消化もしにくいです。赤ちゃんの胃腸はデリケートですから、固形のままのドライプルーンをそのまま与えるのは避けておいたほうが無難です。一般に離乳食が始まってからがいいですね。

では、赤ちゃんの便秘改善にプルーンを役立てるには、どんな種類を与えたら最適でしょうか?一番良いのは、プルーン100%果汁のジュースを与えることです。ジュースが手に入らなければ、プルーンエキスを与えるという方法もあります。もしプルーンエキスが濃厚すぎるようであれば、水で割るなど濃さを調整してあげるといいでしょう。

プルーンの与えすぎは食物繊維の摂取しすぎで、逆効果になることもあるので気をつけてください。

赤ちゃんが頑固な便秘を抱えていると、コロコロの固い便が詰まっている時があります。こんな時にプルーンのパワーで便を柔らかくしてくれたら助かりますよね~。

※参考サイト↓


最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ