みなさん、こんばんは。
崖っぷちのOT林です。

前回は認知症をよく理解するための9大法則・1原則④まだら症状の法則をお伝えしました。
今日は⑤の感情残像の法則についてです。
※認知症ライフパートナーのテキストと過去問を参照。

スポンサーリンク

 

認知症を理解する法則とは?

では、杉山孝博氏の提唱する、認知症を理解するための9大法則・1原則は以下の通りです。

9大法則1原則①記憶障害に関する法則
②症状の出現頻度に関する法則
③自己有利の法則
④まだら症状の法則

⑤感情残像の法則
⑥こだわりの法則
⑦作用・反作用の法則
⑧認知症症状の了解可能性に関する法則
⑨衰弱の進行に関する法則
1原則・・・介護に関する原則

今日は⑤感情残像の法則についてです。
 

感情残像の法則

感情残像の法則
これは、話したり聞いたり行ったことはすぐに忘れる(記銘力低下)が感情は残像のように残る、という法則です。認知症の人は①記憶障害に関する法則が示すように、すぐに忘れてしまうけど、その時に抱いた感情の世界はしっかりと残っているわけですね。

例えば、あるスタッフに乱暴なケアをされた時点で、「この人は乱暴なする人だな!」と記憶が失われても、不快の感情だけは残ることがあるのです。そうなったら、これから行うケアに対し拒否的言動を取るようになり、介護業務に支障をきたす可能性が出てくるでしょう。

気持ちのよいケアを提供するなら、認知症の人が良い感情が残るように接することがポイントですね。「説得よりも同情」の気持ちで関わるのです。
そうすれば、自分を認めてくれ、優しくしてくれる相手には、認知症の人も穏やかな接触を持てるようになります。

以上が、感情残像の法則でした。

次回は、9大法則の⑥こだわりの法則について紹介したいと思います。

 
最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!

人気ブログランキング
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村