みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。

ウコンといえば二日酔い防止!
ウコンの成分であるクルクミンは肝機能を向上させる働きがあり、お酒を召し上がる方は救世主として愛用されている方も多いかと思います。ウコンにはデトックス作用があると言われ、、女子たちの間ではダイエット効果があるんだとか!

そんなウコンが認知症の予防に効果があるようです。

ハヤシ喜ぶ

ここでは、ウコンが認知症予防になる訳についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

なぜウコンが認知症の予防に?


アルツハイマー型認知症は国内の認知症患者の約6割を占めており、有効な治療薬の開発が急がれる疾病ですが、アルツハイマーの治療薬としてはエーザイのアリセプトが有名でしょう。

この同企業と京大発のベンチャー企業ファルマエイトが、ウコンに含まれる物質は、アルツハイマー型認知症の原因とされるアミロイドβ(Aβ)と呼ばれるたんぱく質の蓄積を抑える候補物質ということを発見し、アメリカでの臨床試験準備に向けて研究が進められているようです。

インドでのアルツハイマー病発症率がアメリカの約4分の1という研究報告からつながったそうですが、認知症の新薬にウコン由来の成分が有効だとなれば、ウコンにまた一つ輝かしい勲章が加わることになります。

確かにインドはカレー文化ですから、納得できるかも?
認知症は誰にでもなる病気ではありませんが、自分の意思に関係なく病気になったりしていくものです。ホント、時の流れの無常を感じますが、そんな中でウコンと認知症の話は明るい希望を持てる話題。

私はカレーが好きなので、ウコンたっぷりのカレーがあれば食べようかな?
ただ毎日がカレーばかりだと、さすがにキツイのでカレー粉を使ったバリエーションのある料理をしてみるといいかもしれません。

最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ