有料老人ホームの費用っていくら?

有料老人ホームは、入居者が快適な生活を送るための入浴や排泄、食事などの介助、食事やレクリエーションの提供、洗濯や掃除などの家事、健康管理といったサービスを行う施設です。

有料老人ホームと聞くと介護施設の一つだと思われがちですが、実は、「施設」ではなく法律的には「自宅」で暮らすということになります。

シャキ!

ここでは、有料老人ホームの費用についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

有料老人ホームの3つの種類

有料老人ホームには、次のように3種類のホームがあります。

介護付き有料老人ホーム
住宅型有料老人ホーム
健康型有料老人ホーム

3種類のホームがありますが、いずれも特徴や費用や料金プラン、介護サービス内容が異なります。
それぞれの定義や特徴をある程度理解し、事前に入居を検討しましょう。

介護付き有料老人ホームの費用は?

月額費用 月額10~30万円
※一部、要介護で月額30万以上の高級ホールあり。

こちらの介護付き有料老人ホームは、介護サービスを受けることをメインとしている有料老人ホームであり、「介護保険法の特定施設入居者生活介護」という項目の介護になります。なかでも最近増加傾向にあるのが、入居一時金100万円以下の介護付き有料老人ホーム

特定施設の指定を受けているので、介護が必要になっても、引き続き、今いる施設で生活しながら当ホームの職員から直接介護サービスを受けることが可能なのです。

しかも当ホームの職員からサービスを受けられるだけでなく、訪問介護や通所介護、訪問入浴介護などといった外部の居宅サービスを選択的に利用することができます。

住宅型有料老人ホームの費用は?

月額費用 月額15~30万円
※一部、自立~要支援で月額30万以上の高級ホールあり。

自立者を想定したホームですが、健康型とは違って介護が必要になっても強制的に退去される心配はありません

自分の身体状態に介護サービスを受けるには、訪問介護などの外部サービスを出前感覚で利用することになります。万が一、介護が必要になった時に、利用できる外部の医療や介護のサービスを事前に確認しておくことが重要となります。
さもないと医療や介護が必要な体になってしまっては手遅れになってしまいます。

健康型有料老人ホームの費用は?

月額費用 月額30万円以上

自立者(身の回りのことは自分でできる人)を想定したホームです。介護保険を利用した介護サービスを受けられないので注意が必要です。もし将来、何らかの病気や事故で介護が必要となった場合は退去しなければなりません。つまり、ある程度の要介護度になると解約し退去し、介護サービスを受けられる他の介護施設に入居する必要があります。

健康型有料老人ホームはバブル崩壊前に建てられたものですから、費用は高めに設定しています。ただ現在、このホームを新しく開設されることがなく、2011年8月時点で全国で20ホームしかありません。物件数もわずかなので、候補の中に入れなくても問題ないと思います。

そもそも介護が必要な人は入居できないですし、費用に関しては他の有料老人ホームに比べて高く入居に抵抗感を示す人が多いかもしれません。ちなみに、自立者で圧倒的な経済力のある人は、住宅型有料老人ホームか、サービス付き高齢者住宅(サ高住)を候補するといいでしょう。

▼参考文献▼
・土屋有、武谷美奈子著「これで失敗しない有料老人ホーム賢い選び方」日経BP社
・山崎宏著「高齢者ホームの探し方」WAVE出版
・中村寿美子著「後悔しない有料老人ホームの選び方がわかる本」講談社

 
最後までお読み下さりありがとうございました。
★ブログランキングに参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ